2018年03月31日

花巻東 センバツ3回戦

3月31日

センバツ3回戦
花巻東 1−0 彦根東 (延長10回サヨナラ)

またもや心臓バクバクのひりつくような接戦。
9回までノーヒットノーランに封じられる苦しい展開でしたが、延長のチャンスをしっかりとモノにして見事にベスト8進出を決めました。

今日は、1回途中からスクランブル登板した伊藤翼投手のナイスピッチングにお見事の一言です。
花巻東投手陣特有の体重移動の不足があり、躍動感もやや物足りない感じはしましたが、サイド気味の右スリークォーターからの伸びのある速球と切れの良い変化球がコーナーにビシビシと決まり、相手打線に的を絞らせませんでしたね。
緊張する甲子園の大舞台で、ストライクをポンポン取れるメンタルの強さを見せつけてくれました。
ピンチは何度かありましたが、制球は終始安定しており、大量点を取られそうな雰囲気はまったくなかったように思います。
今日は本当に、「伊藤投手ありがとう」というのが多くの岩手のファンの気持ちでしょうね。

打線は、彦根東の増居翔太投手の前に沈黙し、点を取るどころか走者を出すのも一苦労の状態でした。
9回の2死2・3塁のサヨナラの好機を逃した時は、タイブレークまで行きそうな予感がしましたが、延長10回に無死満塁の好機をつかみ、しっかりと決めてくれましたね。
10回の先頭バッター紺野留斗選手のこの試合初ヒットがチームに勢いを与えてくれたように思います。
増居投手のショックもありありで、バントをさせる場面で制球を乱し、四球をもらえたことも大きかったです。
また逆にバントをさせようとボールを置きにきたところをバスターに切り替えて安打をつなげられたのも、采配を含めた花巻東のしたたかさの表れでしょう。

守備は、野手陣がすっかり甲子園の雰囲気に慣れ、抜群の安定感で投手を守り立ててくれました。
岩手県勢の甲子園に関して、管理人が長年今まで見た中で守備面では最も素晴らしい試合だったと今回言ってしまいましょう。
内外野とも好プレーの連続でした。
菅野豪琉中堅手のダイビングキャッチは素晴らしかったですね。

準々決勝の相手は、大阪桐蔭です。
優勝候補筆頭の呼び声高い強豪ですね。
厳しい戦いは当然予想されますが、ここを乗り切れば全国制覇がはっきりと見えてくるはずです。
120%の力を出すしかありません!!

posted by ティト at 23:54| 岩手 | Comment(4) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん、皆さん、お早うございます!

シビレル試合から一夜明け、改めて勝利を実感しています。

ホント増居投手の投球は素晴らしかった。元々が好投手、加えて
先日の調子は、たぶん彼の『ベストピッチ』だたのではないかと。

(かつての選抜での藤並くんの付け入る隙のなかった投球も素晴らしく、
よりによってヒガシとの試合でベストピッチしないでよ〜
って、恨み言のひとつも言いたくなってしまいますよね、ホント)

あんなピッチングをされたら大阪桐蔭だって苦しむに違いありません。
現時点で今大会No.1左腕と言っても褒め過ぎではないでしょう。

主審の判定、特に右打者の外角の判定がワイド過ぎて、東の右打者が
『訳わかんなく』なっちゃった(笑)。これは選球眼が良いからこそ。
最後には高めのボール球の見極めも出来なくなっちゃってました。
まあ、今大会、対戦相手に彼以上の左腕が居ないでしょうから・・・

バスターするとかバットを短く持つとか、東らしい工夫が少なかった
ことは否定できませんが、合わないまでも『振りにいった』点を評価しましょう!

それにしても、『安打ゼロで相手先発をKO(?)』してみたり、
9回ノーノ―喰らって最後は勝ってみたり、何が起こるか分からないのが野球。

10回裏くん、『大会最小兵』の八幡くんのフォアボールが大きかった。
ハナト―のチビ遺伝子(言葉が悪くてゴメン!)健在を見れて涙ものでした。
2ちゃんでは『タイブレイク最終兵器』との評価声もありましたよ〜。

上戸鎖くんの思いっきり良く右左に流した一打もビューティフォ!

増居くんの僅かな動揺に付け込んだこの攻撃が無ければ危なかったでしょう。

さあ、大阪桐蔭戦。『良い経験』、『戦えるだけでも収穫』、
そんな姿勢では、決して良い経験にも、収穫にもなり得ません。

先発『西舘』、6回から『田中』で『勝ち』に行きましょう!!

打のキーマンは、主軸の『紺野』、『中村』と言っておきましょう。

あ〜、佐々木監督、中村くんを先発から『外さないで』ね〜!

岩手の野球の歴史を変えましょう、今日、この日!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年04月01日 07:14
盛付 は甲子園でサヨナラ勝ちしたことがあります。もちろん嬉しかった

いつかハナトウもしてくれないかなぁ
あ、でもハラハラするから
先制、中押し、ダメ押しでいいや。ってずっと思ってましたが
まさかのサヨナラ
しかも球史に残るような試合
本当にしびれた ちょっと泣いてしまった

私 実は 6対2位で勝つと思ってたんです
管理人さんの言う通り
拮抗 でしたねまさしく

さぁ大阪桐蔭戦
ここを越えれば紫紺の優勝旗が見えてくる

昨日は土曜日だからか
アルプスもお客さん多かったですね

まだ現在
岩手側 3塁アルプスのチケット余ってるそうです
近くの岩手のかた
今日は 強大な王者に挑む岩手県を応援してみませんか?

頑張れ花巻東、総力戦で勝利を掴み取れ
Posted by 和泉 at 2018年04月01日 11:29
管理人さん、みなさん、こんにちは!

まるで真冬の滝に打たれる『荒行』のような試合が終わりました。

2つの素晴らしい勝利があり、悔しくてしょうがない敗北があり、
あまりにも多くの課題に目も眩む思いですが、笑顔で言いましょう。

お疲れ様、有難う!花巻東ナインの皆さん、胸を張って岩手に帰ってきて下さい。

『0−19』。でも、何ひとつ恥じることはありません。

岩手の野球の頂点を目指す『歩み』はここからこそがスタートです。

さあ、みんなも、球場に行って応援しようゼ〜〜〜!!!

(ああほんと身が捩れるくらい悔しいっ!←心の声)




Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年04月01日 17:01
9割『放心状態』のまま(笑)、『大量点差ゲーム』をおさらいしてみました。


★高校野球史上最大の大量得点差 

 1988年選手権青森県予選 東奥義塾 122−0 深浦

★選手権大会での大量得点差

 1936年 静岡 27−4 長崎商 

★センバツでの大量得点差

 1937年 滝川中 27−0 浦和中

★皆の記憶に残る大量得点差 

 1985年選手権 PL 29−7 東海大山形 

★決勝戦での大量得点差

 2003年選抜 広陵 15−3 横浜
 (横浜は3年後のセンバツで見事優勝!)

 2006年選抜 横浜 21−0 清峰 
 (清峰は3年後のセンバツで見事優勝!)

 2008年選手権 大阪桐蔭 17−0 常葉菊川

 2013年選抜 浦和学園 17−1 済美
 
★2000年以降の主な大量得点差

 2001年選手権 明豊 20-0 聖光 (1回戦)

 2006年選手権 清峰 22-3 光南 (1回戦)

 2014年選手権 敦賀気比 16-0 坂出商 (1回戦)

 2014年選手権 敦賀気比 16−1 盛大付 (3回戦)

★(参考)花巻東のガッカリな東北大会大量得点差

 2016年春季東北大会(会場岩手) 
 花巻東 0−9 東陵 (準決勝・7回コールド)


以上からも『0−19』が如何に記録に残る大敗か、
という事が分かりますよね・・・。グスン。(涙)
Posted by 牧場の投手カトリ at 2018年04月01日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]