2017年09月19日

9月19日 高校野球観戦記 その2

9月19日

秋の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
盛大附属 8−2 水沢商

相手守備のミスに乗じて安打をうまくまとめた盛大附属が、3人の継投でカッチリと守ってリードを広げる展開でした。

<盛大附属>
・投手
平賀康介 1回〜5回
特長は先日記載のとおり。
制球の良さが持ち味で安定感がありますが、もっと上体の倒しこみを意識してボールにウエートを乗せる感覚を会得できれば、球威はさらに増してくると思います。
速球の球速は、最速134kmの表示。

阿部秀俊 6回〜7回
特長は先日記載のとおり。
制球が良く、危なげのない投球でしたが、もう一段レベルアップするためには、もっと下半身の体重移動と上体の倒し込みを意識して体動の勢いをボールに乗せることが不可欠でしょう。

木内優成 8回〜9回
特長は先日記載のとおり。
地肩の強さは見て取れますが、もっと胸の張りを意識して反発力を生かせるようになれば、素晴らしい投手に成長できると思います。
またまだ余力のありそうな楽しみな1年生です。
速球の球速は、最速132kmの表示。

・打線
11安打は出ましたが、前チームのような迫力ある強烈な打球というのはほとんどなかったように思います。
相手の守備のミスが多く、そこにつけ込むしたたかさはありましたが、打ち勝ったという試合ではなかったです。
試合経験不足があると思いますので、これからの進化に期待いたします。

・守備
細かいミスはありましたが、全体的には軽快さが光りました。


<水沢商>
・投手
遠藤那也 先発完投
ゆったりとした始動から、ダイナミックに振りかぶって力強く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込みます。
筋力が強そうで、体重移動でパワーをボールに伝えられているのも好印象です。
もっと機敏性が増せば、その分が球威にストレートに反映されるタイプだと思います。
速球の球速は、最速132kmの表示。

・打線
前半に連打が出ましたが、中盤以降は打線が沈黙しました。
相手の継投に目先をかわされてしまった感じでしょう。

・守備
立ち上がりに捕球ミスや悪送球が連鎖して失った3点が非常に痛かったです。
失点の大半に守備のミスが絡んでしまい、投手をもり立てることができませんでした。

posted by ティト at 20:36| 岩手 ☔| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]