2017年09月19日

9月19日 高校野球観戦記 その1

9月19日

秋の高校野球県大会2回戦 花巻球場第1試合
水沢 2−1 専大北上

1点を争う互角の好ゲーム。
機動力で点をもぎ取った水沢が、再三のピンチを凌いで逃げ切りました。

<水沢>
・投手
高橋侑也 先発完投
ゆったりとした始動から、スムーズに振りかぶって勢い良く腕を振る右上手。
威力のある速球と緩急二種類の変化球で三振を取れる本格派タイプです。
胸の張りがやや不十分ですが、地肩が抜群に強く、パワフルに腕を振れるのが特長ですね。
時折余計な四球を出すのが気になりましたが、ここぞのピンチでギアチェンジするメリハリのある投球を見せました。
速球の球速は、最速138kmの表示。

・打線
エンドランがよく決まり、効率良く点を取ることができました。
俊足の選手が揃っていますね。

・守備
問題なし。
要所での好プレーが光りました。


<専大北上>
・投手
齋藤翔輝 1回〜5回
ゆったりとした始動から、体の開きを抑えるように軸足でタメを作りつつコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球主体に落差のある変化球をミックスして打たせて取る投球を見せました。
牽制が苦手のような感じで、牽制球は一度も投げず、走者が出るとクイックだけを気にして投げているようでした。
1年生ですがパワーがありそうですし、マウンド経験を経るごとに進化していく投手でしょう。
速球の球速は、最速130kmの表示。

松田佳一郎 6回
ゆったりと振りかぶり、スムーズに体重移動しながらしなやかに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
力感がやや不足している感じですが、フォームバランスは良く、筋力アップとともに球威が増してくるタイプだと思います。

愛木修平 7回〜8回
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しつつ鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
威力のある速球主体に押す投球を見せました。
フォームバランスが良く、筋力アップが球威アップに直結するタイプだと思います。
速球の球速は、最速135kmの表示。

・打線
好機はありましたが、あと1本を封じられました。
バントがなかなか決まらなかったのも痛かったですね。

・守備
問題なし。

posted by ティト at 19:43| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]