2017年08月29日

8月29日 高校野球観戦記 その2

8月29日

秋の高校野球盛岡地区予選 県営球場第2試合
盛岡一 10−0 江南義塾盛岡 (6回コールド)

投打に隙のない試合運びを見せた盛岡一が、じわじわとリードを広げていく展開でした。

<盛岡一>
・投手
大矢昂汰 1回〜5回
常時セットポジションから、スムーズに上体を捻って体の回転を生かしながら腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球主体に鋭く曲がり落ちる変化球を交えてテンポ良く投げ込みます。
夏に見た時は綺麗な上手投げだったように記憶していますが、体の回転を重視するフォームに修正されているようです。
ストライク先行で安定感がありましたし、ほぼ危なげのない好投でした。

阿部陽来 6回
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶって上体の倒し込みを生かして投げる右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で打たせて取る投球が持ち味のようです。
1イニング3人のみの登板でじっくりとは観察できませんでしたが、機敏で運動神経の良さそうな1年生ですね。

・打線
盗塁を積極的に仕掛けて常にスコアリングポジションで相手にプレッシャーをかけていました。
10安打10得点と効率の良い攻撃でしたね。

・守備
問題なし。


<江南義塾盛岡 >
・投手
佐々木大夢 1回〜6回
常時セットポジションから、上体をやや後方に捻ってタメを作ってから勢い良く腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球が持ち味のようです。
全体的なバランスは悪くありませんが、蹴り足が弱く、下半身の体重移動が不足しているのが課題だと思います。
体動の勢いをボールに乗せるイメージを会得できれば、球威はまだまだ増してくるでしょう。

・打線
積極的にファーストストライクを狙っていきましたが、ややパワーに欠け、強い当たりは少なかったように思います。
1年生主体のチームですし、ウエートトレーニングを積極的に取り入れてパワーアップを図る必要があるだろうと感じました。

・守備
全体的にやや機敏性に欠け、送球の鋭さも欠いていた印象です。
動いて捕ってビシッと投げられるように普段の練習での意識付けが必要でしょう。

posted by ティト at 21:32| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]