2017年08月29日

8月29日 高校野球観戦記 その1

8月29日

秋の高校野球盛岡地区予選 県営球場第1試合
盛岡四 5−4 盛岡市立 (延長10回サヨナラ)

2回からの観戦です。
どんどん振って安打を積み重ねる盛岡四と、じっくりとボールを見極めながらしぶとく好機を作る盛岡市立とで、対照的な攻撃スタイルで点をもぎ取る接戦となりましたが、16安打を浴びせた盛岡四が、打力で勝利をつかみました。

<盛岡四>
・投手
田村裕之 1回〜4回途中
ゆったりとした始動から、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような速球と落差のある変化球で打たせて取る投球が持ち味のようです。
スナップが効いていますし、腕の振りはしなやかですが、機敏性と躍動感が不足しているので、体動の勢いがボールに乗り移っていないのが課題でしょうか。
フィールディングも含め、瞬発的に動く癖をつけられれば、球威もグンと増してくると思います。

菊地芳 4回途中〜8回
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
ストライク先行で安定感があり、丹念に打たせて取るナイスピッチングでした。
今後の成長が楽しみな1年生です。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

高見怜人 9回〜10回
ゆったりとした始動から、スムーズに振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球が持ち味のようです。
立ち上がりに与えた死球が失点につながりましたが、ボール自体はなかなか力がありました。
今後の成長が楽しみな1年生です。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

・打線
カウントを整えることはあまり考えず、好球必打でどんどん振りに行く積極スタイル。
安打は頻繁に出ますが、四球を絡めるようなしたたかさがないので、安打数と得点数との効率があまりよくない印象です。
バントでもボール球に無理に手を出してしまっていますし、とにかく選球眼が課題であることは一目瞭然だと思います。

・守備
好捕はありましたが、送球につながる捕球体勢の作り方が全体的にいまひとつで、ビシッと投げることができずに間一髪セーフという場面が目立ちました。


<盛岡市立>
・投手
四月朔日隆徳 1回〜4回
ゆったりとした始動から、鋭く体を回転させて勢い良く腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
キレの良いスライダーでストライクを容易に取れるのが強みでしょう。
ピンチを迎えてもあと一本はなかなか許さないナイスピッチングでした。
今後が楽しみな1年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

細川晃太朗 5回〜10回途中
ゆったりと振りかぶり、タメを充分に作ってから鋭く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球でグイグイ押す本格派タイプです。
力感があって筋力が強そうで、ポテンシャルの高さは一見してわかりました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
2ストライクまで安易に振らない感じの待球戦法。
いつでもストライクを取れるような投手は別として、高校野球では待球戦法は非常に有効なんですよね。
5安打で4点をもぎ取る効率の良さを見せましたが、要所での見逃し三振や、追い込まれてからの当てるバッティングが目立ち、いまひとつ攻めきれなかった印象です。

・守備
ベースカバーに入らずに進塁を許してしまったのはいただけませんが、野手の動き自体は軽快です。
雨で芝生で滑って捕れそうな打球を捕れなかったり、振り逃げが失点に絡んでしまうなど、球運をモノにできなかった部分もありました。

古澤礼 捕手
走者の盗塁意欲を削ぐ矢のような送球が魅力の強肩捕手ですね。

posted by ティト at 21:21| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]