2017年08月26日

8月25日 高校野球観戦記 その2

8月25日

秋の高校野球沿岸南地区予選 住田球場第2試合
高田 2−1 大船渡東

両チームともピンチをしのぎ合う展開。
エースの力投で最小失点で守りきった高田が勝利をつかみました。

<高田>
・投手
三川泰暉 先発完投
ゆったりとした始動から、上体を捻って足を勢い良く上げて力強く腕を振る右横手。
伸びのある速球と横滑りする変化球でグイグイ押す投球を見せました。
大きく外れるボールが少なく、変化球も厳しいコースに投げられるのが特長でしょう。

・打線
じっくりとボールを見極めつつ、甘いコースを辛抱強く待つスタイル。
好機は何度もつかみましたが、なかなか連打が出ませんでした。
試合には勝ちましたが、焦れるような展開だったと思います。

・守備
問題なし。


<大船渡東>
・投手
千葉陸弥 1回〜5回
ゆったりとした始動から、素早く体を回転させてコンパクトに腕を振る横手気味の右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と横滑りする変化球でバットの芯を外す投球を見せました。
しっかりと四隅を突けていましたし、安定感は抜群でした。

菅野洸 6回〜8回
ゆったりと振りかぶり、しっかりとタメを作った後に力強く腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある変化球と落差のある変化球に角度がある長身投手です。
立ち上がりに制球を乱し、ボール先行から置きに行く苦しい投球になってしまいました。
尻上がりにボールの抑えが効いて安定してきましたし、軽々と伸びのある速球を投げられるのはポテンシャルの高さの表れでしょう。

・打線
好球必打で積極的に振っていくスタイル。
今夏ベスト4の前チームと比べれば、まだまだ迫力は不足していますが、チームスタイルは継承しているようですね。
頻繁に安打が出て好機をつかみましたが、あと一本を押しきれなかったのが今後の課題になると思います。

・守備
問題なし。

posted by ティト at 03:07| 岩手 ☁| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]