2017年08月20日

盛大附属 準々決勝

8月20日

夏の甲子園準々決勝
花咲徳栄 10−1 盛大附属

正直言って完敗です。

投手の制球力、打者の選球眼、守備の軽快感の全てで花咲徳栄の実力が上でした。
選手のポテンシャル自体は引けを取らないと思いましたが、それをフルに発揮していたのが花咲徳栄でした。

投手は、全ての球種で四隅でストライクを取れること。
打者は、低めのボールになる変化球を振らないこと。
これができないと全国制覇もできないと改めて実感しました。

それでも、全国ベスト8という結果は素晴らしいの一言です。
国体出場も決定しました。
今夏の経験は新チームにも必ずつながっていくでしょう。

盛大附属の選手の皆さん、今年の岩手の野球界を盛り上げてくれてありがとうございます。
管理人にとっても熱狂の日々となる素晴らしい夏となりました。

posted by ティト at 23:47| 岩手 ☁| Comment(6) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは管理人さん。

仰る通りで完敗でした。花咲徳栄の先発投手の出来が素晴らしく、隙がほとんどありませんでしたね。大柄なのにとても柔らかいフォームから速球と変化球を精度よく投げられたら、いくら打撃に力を入れていたとしても、中々打てないと思います。

それでも盛大付属の快進撃は素晴らしかったですね。

結果論ですが、松田君のバント失敗と比嘉君の送球ミスが序盤に続いた事が流れに乗れなかった原因でしたかね。三浦君はちょっとそろえ過ぎましたかね。加えて、昨日の激勝から少し間を空けて、仕切り直せればまた結果は違っていたかもしれません。

それでも、春夏連続ベスト8は素晴らしい結果だったと思います。暑い夏にしてくれて本当に感謝です。
沢山の感動に感謝。本当にお疲れさまでした。
Posted by 八潮圏民 at 2017年08月22日 00:14
管理人さん、皆さん、こんにちわ!

やんごとなき事情により、しばらく書き込みできまでんでした。

ここでは一言、モリフの快進撃、アリガトウっ!!

チラッとだけ“頂点”を垣間見ることができました。

戦果と課題があり、秋の戦いはまたすぐ始まります。

今後の岩手の野球は“期待大”デスっ!!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2017年08月22日 15:19
皆さん、こんばんは。

>ベスト8に勝ち残ったチームの中では、最も戦力が充実しているチームではないかと思っています。<
管理人さんの見る目の確かさが証明されましたね、恐れ入りました。
ちなみに、>進化を続ける盛大附属の真価を…<は、笑うところですよね。

目障りかとは思いますが、自分なりに今大会をまとめてみました。
春の選抜では、盛附が敗退した履正社の竹田投手と対戦した各校の中で、「呉と盛附だけが打てていないという現実を直視すべし」と書きました。
 参考:履正社の竹田投手の成績(http://yakyuu-iwate.seesaa.net/article/448644350.html#comment
            被安打 三振 四死球 失点
  一回戦  対日大三  13  10   3  5
  二回戦  対呉    2  5   2  0
  準々決勝 対盛附   2  5   1  1(1本塁打)
  準決勝  対報徳   6  0   1  2(6回)
  決勝  対大阪桐蔭  14  7   2  8(4本塁打)

では、夏はどうだったでしょうか? 優勝した“花咲徳栄”を基準に比較してみました。

     対戦校  スコア 安打数(長打) 三振 四死球 犠打 盗塁
 一回戦  開星  9−0  7 (0)  4   2  1  1
 二回戦 航空石川 9−3  7 (0)  5   1  0  0
 三回戦 前橋育英 10−4  11 (3)  5   3  4  4
準々決勝 盛岡大附 10−1  6 (1)  9   0  0  0
 準決勝 東海菅生 9−6  12 (3)  4   1  0  0
  決勝  広陵  14−4  13 (5)  8   3  0  1

対戦した6校中、盛附の打撃成績は、得点5位、安打5位(長打4位)、奪われた三振1位、四死球6位。
やはり、「この現実を直視すべし」と言いたい。
ちなみに、最も多い6得点の東海菅生だが、4得点した3回迄の5安打は全て“センターから逆方向”。その打撃を徹底しておけば、勝てたんじゃないかと思っている。二度のサヨナラのチャンスも引っ張って引っかけて内野ゴロで終わったのは、よく見る光景でしたね。
「負けたチームの分析をしたところで意味が無い。優勝した花咲徳栄はどうなのか?」という突っ込みも有るでしょう。
総得点61、全試合二桁の80安打で強打のイメージですが、今大会68本塁打も出たのに、本塁打は2本。3塁打も4、2塁打が20、と長距離砲というよりは、中距離砲。
逆方向打撃ではないが、準決勝で13安打中6、決勝で16安打中8本、がセンター中心から逆、と来た球に逆らわない打撃ができています。まさに理想的。
更に注目すべきは、犠打数で、6試合で17。準々決勝以降は、毎試合4回成功させています。
四死球も多く、毎試合5個以上を得ており、得点力の要因となっています。
意外と三振が多く、盛附戦で7、準決勝では11、とどう考えたらいいのか難しいところです。
広陵の中村選手が、新記録を作りましたが、直球系しか打ってないんじゃない? 変化球には全く反応しないし、追い込まれて手を出してるけど全く合ってないんじゃない?と思ったのは私だけではないでしょう。ちなみに、中村選手は筋トレを全くしないそうですね。
盛附は盛附の打撃を追求すればいいと思いますが、他校がマネをしても盛附以上にはなれないでしょう。マシンガン打線と呼ばれた横浜ベイスターズが日本一になった時のように中距離砲で充分ではないでしょうか。元ロッテ監督のバレンタインが「日本一2塁打の多いチームになろう」と言ってたそうです。2塁打を続ければ永遠に点が入るし、2塁打なら体格に関係なく誰にでも打てるから、とのこと。どうでしょう。
すごい剛速球投手が現れたら、やっぱり一発の威力が必要となるのでしょうか。
ただ、選抜の決勝戦での大阪桐蔭について、>この出来過ぎた4本塁打による優勝が、夏に向けての禍にならないとも限らない。<と書きましたが、夏の大阪桐蔭は強打のチームだったでしょうか。
花咲徳栄優勝の最大要因は、実は、安定した投手力ではないかと。
盛附の三浦投手は、甲子園のアイドルになる素質充分だと思ってたのですが、最初の2失点は不運でした。先制本塁打された右打者膝元の変化球は打った方を誉めるべきで失投でもなんでもないし、二点目は失策によるものだし。とにもかくにも、投手は外角低めの制球力が生命線だと感じる今日この頃です。

今回は、埼玉に初優勝を譲ってやるが、来年の百回記念大会こそ、なんとか頼むぜ。
また、長文になってしまった。
Posted by はる陸奥 at 2017年08月23日 22:14
この間完全に論破されて逃亡したばかりなのに、恥ずかしげもなくまた湧いてきたのか。この思い込みの塊みたいな害虫は。
Posted by 虫 at 2017年09月04日 09:59
いつも興味を持っていただきありがとうございます。
今後も共通目的である“頂点”目指して、お互いの信じる道を進みましょう。
Posted by はる陸奥 at 2017年09月20日 18:49
自分が信じる道を他人に押し付ける害虫
Posted by 虫 at 2017年09月23日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]