2017年07月24日

7月24日 高校野球観戦記

7月24日

夏の高校野球県大会決勝 県営球場
盛大附属 9−0 久慈

今年の岩手の高校野球の頂点を決める一戦。
投打に力強さを発揮した盛大附属が、長打攻勢で大量点を奪ってガッチリと守り切りました。

<盛大附属>
・投手
平松竜也 1回〜6回
特長は先日記載のとおり。
今日は速球に本来の球威を欠いていましたが、変化球の精度が高く、面白いように空振りを取れましたね。
まずはゆっくり休み、甲子園までに疲れを十分に取っていただきたいと思います。
速球の球速は、最速142kmの表示。

三浦瑞樹 7回〜9回
ゆったりとした始動から、軸足にタメを作りつつ勢い良く腕を振る左上手。
伸びのある速球と多彩な変化球で三振を取れる本格派タイプです。
前に見た時と比べ、上体の倒しこみが不足しているような感じで、球威が目減りしているように見えたのが気になりました。
経験十分な投手なので、甲子園での大活躍を期待いたします。
速球の球速は、最速134kmの表示。

・打線
中盤までなかなか安打がつながらず、強力打線で押せ押せムードという感じにはなりませんでしたが、ここぞの一発長打で点をもぎ取りました。
やはり長打というのは、膠着した局面を打開できますし、この魅力は、県内では盛大附属特有のものでしょう。

松田夏生 右投右打
速球を思いっきり引っ張ってレフトポール直撃のホームランを放ちました。
フルスイングが功を奏したバッティングでしたね。
全打席安打でしたし、当たりに当たっていました。

植田拓 右投右打
左中間へ2本のホームラン。
1本目は、外角低めの難しいコースを強引に引っ張る力で持っていったホームラン。
2本目は、甘いコースを見逃さず、打った瞬間にわかる特大の一発でした。
この選手は全国屈指の強打者ですので、甘いコースは確実に長打にできる底力がありますね。

・守備
問題なし。


<久慈>
・投手
宇部堅人 1回〜7回途中
特長は先日記載のとおり。
速球も変化球も四隅に決まったいましたし、バットの芯を外す投球ができていたように思います。
点を取られてしまったのは、相手がよく打ったと言うべきでしょう。
昨年から今年にかけて大きく成長した投手で、努力に努力を重ねたことが十分に伝わってきました。

高柳涼 7回
特長は先日記載のとおり。
ボールの抑えがなかなか効かず、ストライクを取るために手先で投げてしまっているのが気になりました。
筋力が強く、ポテンシャルは十分ですので、しっかりと鍛えて育ててみたくなる逸材です。

中田夢人 8回
特長は先日記載のとおり。
全身を使って思いっきり投げていますので、球速以上に打者の手元に食い込んでくる球質ですね。
やや荒れ球気味ですが、それも長所でしょう。
今後も楽しみな2年生です。

・打線
中盤まで速球狙いのままなかなか速球が来ず、変化球を空振りしての三振を繰り返してしまいました。
好機はありましたが、やはり要所で三振を取られ、ホームが遠かった印象です。

・守備
問題なし。
深めに守る内野守備が功を奏していました。

posted by ティト at 21:42| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
盛岡大付の甲子園出場おめでとうございます。
ダイジェストでしか見てませんが、今夏も打力は魅力的ですね。植田君は小柄なせいか、なかなか注目選手に上がりませんが、間違いなく全国トップレベルの打撃力を持つ選手に成長してますね。

投手は、怪我明けの平松君の回復具合と、三浦君の投球バランスが気になりますが、開幕まで2週間程度ありますので、再調整して全国制覇目指してほしいです。

*三浦君は、ちょっと体が横回転になって角度がなくなってますかね。もう少し角度がつくと手が付けられないと思うのですが...。

*平松君は、肘を痛めた春と同じ轍を踏んでほしくないですね。疲労回復に勤め、身体を大切にしてほしいと思います。

あとは、臼井君の覚醒が待ち望まれます。
Posted by 八潮圏民 at 2017年07月24日 21:58
こんばんわ、八潮圏民さん。
三浦投手は、体の回転を意識するフォームに微修正しているような印象を受けましたが、持ち前の体重移動の大胆さが疎かになってしまっているのが気になりました。
平松投手は、決勝では疲れが見えましたが、一関学院選と盛岡四戦の出来であれば、甲子園でもそうそう打ち込まれないのではないかなあと思っています。
疲労回復でさらなる進化にも期待できるでしょう。
臼井投手は、三浦投手同様、体の回転を意識しすぎてフォームに悩む時期が続いている印象ですが、あまり細かいことを気にするよりは、勢いよく投げ込むことだけをシンプルに意識できれば、素晴らしい球威を発揮できるはずです。
植田選手は、まったく心配していません。
スイングスピードの速さは文句なしですし、打ち損じをいかに減らすかだけを気にすればいいというレベルの強打者です。

打倒作新学院ですね!
Posted by ティト at 2017年08月07日 01:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック