2017年07月15日

7月15日 高校野球観戦記 その2

7月15日

夏の高校野球県大会4回戦 花巻球場第2試合
盛岡四 7−0 水沢商 (7回コールド)

盛岡四が投打に力強さを発揮し、ジリジリと引き離す展開でした。

<盛岡四>
・投手
佐藤頼人 1回〜5回
ゆったりとした始動から、背筋をピンと伸ばして担ぐように振りかぶった後にしなやかに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球を見せました。
癖のないフォームでバランスは良いですが、下半身の体重移動をもっと意識して勢い良く投げ込む躍動感が出てくれば、大きく進化できると思います。
速球の球速は、最速130kmの表示。

下上拓也 6回
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動して力強く腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球を見せました。
前に見た時よりも胸の張りが意識されており、体動が滑らかになった感じです。
躍動感をもっと投球に乗せることができれば、球威はまだまだ増してくると思います。

田中琉右那 7回
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しつつしなやかに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と落差のある変化球で三振を取れる本格派タイプです。
一冬越えてパワーを増し、素晴らしい投手に成長していますね。
野手出身でまだ発展途上ですし、これからの進化にも期待です。
速球の球速は、最速140kmの表示。

・打線
早いカウントから積極的に振りに行き、頻繁に安打を浴びせて底力の高さは見せました。
ストライクゾーンが広かった影響もありますが、狙い球を絞らずに手を出す強引さが見られ、結果はともかくとして気になりました。
結果的に安打になればいいではなく、安打にしやすいコースを狙い打ち、安打にしにくいコースは無理に振りに行かない辛抱強さがもっと必要なのかなあと思いました。

小田中佳文 右投左打
軸のブレない腰の座ったスイングから、力強い打球を連発していました。
動体視力が良さそうでバットコントロールに優れていますので、投手目線で打ち取るのが容易ではない打者でしょう。

・守備
好プレーはありましたが、イージーなフライを落球してしまう集中力の欠如は次戦へ向けての課題でしょう。 

小田中佳文 遊撃手
安打性の打球を再三軽快にさばいていました。
走攻守3拍子揃う好選手ですね。


<水沢商>
・投手
遠藤那也 1回〜7回途中
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
点は取られてしまいましたが、内外角を広く使って相手打線に対抗していました。

・打線
安打は出てもここぞの連打がなく、ホームが遠かった印象です。
ミートした強い打球がなかなかないままにイニングが進んでしまった感じでしょう。

・守備
何でもないゴロを弾いて先制点を許してしまったのが非常に痛かったですね。
捕れそうな打球を安打にしてしまう場面もあり、球際をモノにできなかった感じです。

posted by ティト at 19:37| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック