2017年07月15日

7月15日 高校野球観戦記 その1

7月15日

夏の高校野球県大会4回戦 花巻球場第1試合
花巻南 3−0 水沢一 (延長12回サヨナラ)

両チームとも投手が踏ん張り、ゼロ更新が続いた接戦は、延長12回、サヨナラ3ランで花巻南が劇的に制しました。

<花巻南>
・投手
藤原桐真 1回〜5回
常時セットポジションから、機敏に振りかぶって鋭く腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で空振りを取れる本格派タイプです。
地肩が強そうで、腕をしっかりと強く振れるのが特長ですね。
春に見た時よりも胸の張りが意識できており、力まなくても反発力を生かして安定して力のあるボールが決まるようになっています。
身体能力の高さがうかがえる2年生で、今後のさらなる成長を期待いたします。
速球の球速は、最速130kmの表示。

川村京輔 6回〜12回
常時セットポジションからゆったりと始動し、担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
キレの良い変化球の精度が高く、しっかりと低めに決まっていました。
なかなか的を絞らせそうにない安定感のある2年生ですね。

・打線
相手投手の緩急になかなか的を絞りきれず、安打がつながりませんでした。
延長10回に無死1、3塁の絶好の好機をモノにできず、嫌な空気が流れましたが、延長12回に膠着を打開する一発で勝利をつかみました。

福田純也 右投右打
速球にヤマを張って思いっきり引っ張った打球が、レフトポール際最前列に飛び込む劇的なサヨナラ3ランホームランとなりました。

・守備
問題なし。

山崎飛雄馬 二塁手
安打性の打球を何度もさばいてチームのピンチを救いました。
得意の打撃は不調でしたが、今日の勝利の立役者と言ってもいいでしょう。


<水沢一>
・投手
佐藤駿大 1回〜12回途中
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、軸足でタメを作ってからスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
重心がブレず、抑えの効いたボールがコーナーに決まっていましたね。
最後にホームランを打たれましたが、3年間の努力が伝わってくる素晴らしい好投でした。
卒業後も是非とも野球を続けていただきたいと思います。
速球の球速は、最速132kmの表示。

・打線
走者を常に賑わせ、再三の好機をつかみましたが、本当にあと1本が出ず、フラストレーションが溜まるような展開だったと思います。
相手の倍以上の安打を放って押し気味に試合を進めていましたが、球運をモノにできなかった感じです。

・守備
問題なし。

posted by ティト at 19:22| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック