2017年07月13日

7月13日 高校野球観戦記 その2

7月13日

夏の高校野球県大会3回戦 花巻球場第2試合
宮古 7−1 一関工

好機を着実に点に結びつけた宮古が、投手の踏ん張りもあって1失点のみでガッチリと守り切りました。

<宮古>
・投手
三浦悠人 1回〜9回途中
特長は一昨日記載のとおり。
この投手は、好不調の波がなく、常に安定感がありますね。
余計な四死球を出さないので、野手も守りやすいでしょう。
今春県大会で、センバツベスト8の盛大附属打線にも的を絞らせなかった実力は健在ですね。

箱石瑛已 9回
ゆったりとした始動から、スムーズに担ぐように振りかぶってしなやかに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
胸をしっかりと張って反発力を生かせていますし、欠点の少ないバランスの良いフォームだと思います。
3球のみの登板でしたが、ボールのキレは上々でした。
速球の球速は、最速130kmの表示。

・打線
5回の好機にたたみかけてビッグイニングを作れたのが勝因でしょう。
反省点としては、二塁走者が三度も牽制でアウトとなり、押せ押せムードの流れを断ち切ってしまったことでしょうか。
こういう集中力の欠如から流れが相手に渡ってしまうものなので、しっかりとチームで注意喚起して次戦に備えていただきたいです。

昆諒貴 右投右打
9回にダメ押しとなる2ランホームランをレフトスタンドへ叩き込みました。
相手守備のミスで投手が気落ちした後の一発で、本当に大きなダメージを与える一発でした。

・守備
問題なし。
球際もしっかりとモノにしていました。

大川原光将 遊撃手
難しい打球を再三さばく軽快さを見せました。


<一関工>
・投手
新田凜 1回〜5回途中
ゆったりとした始動から、左腕を体の後ろに隠すように振りかぶって勢い良く腕を振る左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込みます。
腕を強くしなやかに振れますので、速球は打者の手元でグンと伸びてくる球質ですね。
下半身の体重移動も意識できていますし、パワーアップとともに今後の飛躍が期待できる2年生です。

千葉航大 5回途中〜9回
ゆったりとした始動から、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球を力強く投げ込みます。
速球の球速は、最速131kmの表示。

・打線
県内トップレベルの強力打線を持っていますが、今日は的を絞り切れずになかなかフルスイングがでぎせんでした。
中軸の長打で1点はもぎ取りましたが、不完全燃焼で9イニングが終わってしまった感じでしょう。

・守備
好プレーはありましたが、フライの落球や野手間のお見合いなど、普段では考えられないようなミスもあり、痛い失点につながってしまいました。

posted by ティト at 22:41| 岩手 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は本気で期待してます。
前回、くじ運に恵まれてると書いたが、次の盛三は、なかなか侮れない相手のようです。
盛三はどうか分かりませんが、宮高は色々な面で勝手にライバル視しているので、是非いい結果を期待してます。
そして、大船渡東や久慈との戦いを制して、まずは“沿岸の雄”の座を手にして欲しい!!
Posted by はる陸奥 at 2017年07月14日 13:14
こんばんわ、はる陸奥さん。
宮古は、見るたびに進化していますし、投攻守の総合力が高まってきています。
特に、守備は春に見た時よりも格段に軽快さを増している感じです。
盛岡三とは実力伯仲の激しいせめぎ合いになると思います。
Posted by ティト at 2017年07月16日 23:18
盛三戦勝利の報に接した時は、久々に宮高野球部の歌を絶叫しました。
久慈が一足先に待ち構えていますが、その挑戦権を是非とも手にして、まずは沿岸の頂上へ駆け上がるべし。
Posted by はる陸奥 at 2017年07月18日 22:18
今日は寂しく“激励歌”(ここに書きます)。
宮高ナインお疲れ様でした。
大船渡東はいいチームでした。
序盤の先制攻撃は充分に警戒していたと思いますが、見事にやられました。これで4試合連続初回得点です。継投が主流の昨今では先手必勝こそ勝利の近道でしょう。初回から全開バリバリになれる秘訣を教えてもらいたいものですね。
序盤の失点は想定内だったのですが、反撃が遅すぎました。締まった守備で終盤に接戦に持ち込んだのは立派でしたが、120キロそこそこの投手相手に初安打が5回では…。相手投手のタイプも投球パターンも継投で来ることも分かり切っていたのに…。盛三戦では先制されてもすぐ反撃し、同点に追いつく姿を見て安心していたのですが。
それでは、ナゼ反撃が遅れ、最終的に打ち負けたのか?
勝敗の分かれ目は、いつものあれです(あくまで個人的な見解ですが)。録画では、3回裏までしか無いのですが、宮古の無安打に対し、大船渡東が全てセンターから逆方向の4安打。夕方のニュース映像では、タイムリーの場面しか流れないのですが、宮古の本塁打1本を除けば、7安打(宮:3、船東:4)とも全てセンターから逆方向。その他の安打や得点シーンがどうかは分かりませんが、私の理想とするチームは母校よりも相手校だったのが残念無念。
しかし、一番の敗因は、県営球場に変更されたことに気付かずに、無人の花巻球場に応援に行ったことかも。スマン。
Posted by はる陸奥 at 2017年07月19日 22:11
こんばんわ、はる陸奥さん。
今年の宮古の試合を見て、甲子園で戦わせてみたいと思うような好チームでした。
投打ともに力強かったですし、守備でも好プレーが多く見られました。
準々決勝で1試合だけ雨天順延になってしまったのは不運でしたね。
また新チームにも期待大でしょう。
Posted by ティト at 2017年08月07日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック