2017年07月13日

7月13日 高校野球観戦記 その1

7月13日

夏の高校野球県大会3回戦 花巻球場第1試合
花北青雲 2−1 遠野 (延長10回サヨナラ)

6回からの観戦です。
両チームともピンチを凌ぎ合う緊迫した展開で延長に突入し、最後に点をもぎ取ったのは花北青雲でした。

<花北青雲>
・投手
工藤翔大 〜6回
機敏な体動から、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球を低めに集めて打たせて取る投球を見せました。

佐々木健也 7回
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球とストンと落ちる変化球で打たせて取る投球を見せました。

瀬川悠維 8回〜10回
ゆったりとした始動から、スムーズに前へ体重移動しながらしなやかに腕を振る右上手。
糸を引くような伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者に的を絞らせない投球を見せました。
柔軟性があって球持ちが良く、身体のバランスが非常に良いですね。
制球も良く、大崩れしそうにない安定感が光ります。
力感がやや不足している感じですが、ポテンシャルの高さは見て取れました。

・打線
再三の好機でもうひと押しできず、焦れる展開でしたが、延長10回のサヨナラタイムリーで勝負を決めました。

・守備
捕球ミスと悪送球が重なって余計な点を与えてしまいました。

武藤聖弥 中堅手
センターからの好返球での見事なタッチアウト。
相手の逆転を封じたこのプレーが、チームに勝利を呼び込んだと思います。


<遠野>
・投手
畑山太亮 〜8回途中
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しつつコンパクトにから振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球とキレの良い変化球を制球良く投げ込んで打たせて取る投球を見せました。
まだ1年生ですが、マウンドさばきが落ち着いており、ポンポンとストライク先行で飄々と打者を打ち取っていくのが印象的でした。
パワーが増して球威も増してくれば非常に楽しみです。

小嶋侑 8回途中〜9回途中
素早く振りかぶってしなやかに腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で空振りを取れるタイプです。
大きく曲がり落ちる変化球の有効度が高く、打者の体勢を崩していました。

菅田輝樹 9回〜10回途中
ゆったりとした始動から、担ぐように振りかぶった後に爆発的に腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をグイグイ投げ込みます。
胸の張りが不十分で身体がやや硬そうですが、地肩と筋力がかなり強そうで、勢い良く投げられるのが長所だと思います。

・打線
なかなか好機で連打が出ない中、逆転を狙った走者がホームタッチアウトになるなど、球運に恵まれなかった印象です。

・守備
問題なし。

posted by ティト at 22:28| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック