2017年07月11日

7月11日 高校野球観戦記 その3

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第3試合
盛岡三 12−0 盛岡商 (5回コールド)

投打に実力を発揮した盛岡三が、相手に付け入る隙を与えない試合運びで完封しました。

<盛岡三>
・投手
鹿内晃輝 1回〜4回
常時セットポジションから、力強く上体を倒しこんで鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
威力のある速球主体に落差のある変化球を交えて三振を取れる本格派です。
筋力がかなり強そうで思いっきり腕を振れますし、ポテンシャルの高さは一見してわかりました。
速球の球速は、最速138kmの表示。

西舘洸希 5回
常時セットポジションから、上体の回転とともにしなやかに腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込む本格派です。
軽々と投げている感じですが、安定して力のある速球が決まっていました。
まだまだ余力十分に見えますし、今後の成長が非常に楽しみな2年生の逸材です。
速球の球速は、最速139kmの表示。

・打線
各打者がバッターボックスの内角寄りかつ後ろ寄りで構え、ボールをしっかりと見極めて狙い球が来たら振り、来なければ振らないというシンプルなスタイルです。
早いカウントから何でもかんでも手を出すことは決してしないチームでしょう。
無駄球を追いかけないわけですから、四球を狙いながら攻撃を組み立てることができるので、非常に効果的な戦術です。
今日は、有利なカウントを作って甘いコースを狙い打ちできていました。
ボール球を早打ちして投手を助けるような雑な打撃をしてしまうチームは、盛岡三の試合を見れば、おおいに参考になるはずです。
点差が開いても容赦なく盗塁を決め、貪欲に点を狙う隙のなさも素晴らしいですね。

高橋由伸 右投右打
速球をドンピシャで捕らえ、レフトポール際場外へ特大のホームランを放ちました。
完璧に投球を読み切ったようなスイングでしたね。

佐々木莉己 右投左打
前進守備のセンターオーバーの当たりで、俊足を飛ばして3ランホームランとなりました。

・守備
問題なし。


<盛岡商>
・投手
久保柊平 1回〜3回途中、4回
ゆったりとした始動から、しっかりとした上体の倒し込みとともにスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
腕の振りがしなやかでフォロースルーがしていますので、速球は球速以上に伸びてくる感じですし、変化球のキレも素晴らしいですね。
今日は、際どいコースを見極められてストライクを取りに行く甘いコースを狙い打たれてしまった感じです。
速球の球速は、最速130kmの表示。

新谷天馬 3回途中〜4回途中
ゆったりとした始動から、担ぐようにしっかりと振りかぶってから力強く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で三振を取れるタイプですね。
管理人が期待している2年生の1人で、前に見た時よりも機敏性と躍動感が増しています。
フォームバランスが良く、ポテンシャルの高い貴重な本格派サウスポーなので、今日打たれたことを忘れず、打者を圧倒できる球威を身に着けていただきたいです。

・打線
相手投手の球威にやや押され、安打をつなぐことができなかった感じです。

・守備
捕れるライナーを落球したり、プレッシャーのかかる場面でのワイルドピッチなど、常に守勢に立たされてしまった感じです。
ランニングホームランを許してしまったのも非常に痛かったですね。

posted by ティト at 20:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック