2017年07月11日

7月11日 高校野球観戦記 その1

7月11日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第1試合
宮古 11−4 種市 (8回コールド)

先行して優位に立った宮古がじわじわと点を積み重ね、中盤以降の種市の反撃を凌いで勝ちきりました。

<宮古>
・投手
三浦悠人 先発完投
常時セットポジションから、重心をしっかりと落としてスムーズに体重移動しながらコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球を低目に集める丹念な投球を見せました。
キレの良い変化球の精度が高く、いつでもストライクを取れるのが強みです。
安定感抜群の2年生ですね。

・打線
頻繁に安打が出て得点を積み重ねました。
先制、中押し、ダメ押しという感じで押せ押せムードを作れていたと思います。

・守備
ゴロの処理をもたつく場面があり、余計な失点につながりました。
全体的には軽快に動けていたと思います。


<種市>
・投手
平島拓海 1回〜3回途中
常時セットポジションから、重心をグッと落として蹴り足を利用しつつコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

松川奏楽 3回途中〜4回
ゆったりとした始動から、大きく振りかぶって上体の倒し込みとともに腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球に落差のある変化球をうまくミックスしながら打たせて取る投球を見せました。

大西翔真 5回〜8回途中
ゆったりとした始動から、上体をグッとかがめて回転力を生かして投げるサイド気味の右スリークォーター。
伸びのある速球と横滑りする変化球でバットの芯を外す投球が持ち味のようです。
ボールにしっかりとウエートを乗せて投げていますし、地肩もかなり強そうですね。

・打線
好機で安打が出て効率良く点を取れたと思います。
一気にたたみ込むことはできず、逆転までのもうひと押しはできませんでした。

・守備
ワイルドピッチで余計な失点を重ねてしまったのが痛かったですね。
イージーフライを捕れない場面もあり、打たせて取る投手陣をもり立てられなかった感じです。

posted by ティト at 20:12| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祝!初戦コールド発進。
くじ運には恵まれているが、油断無く勝ち上がって欲しい。
Posted by はる陸奥 at 2017年07月12日 10:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック