2017年07月10日

7月10日 高校野球観戦記 その3

7月10日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第3試合
高田 11−0 一戸 (5回コールド)

初回の猛攻で優位に立った高田が、守っては被安打1の完封勝利となりました。

<高田>
・投手
水野夏樹 先発完投
ゆったりとした始動から、しっかりとグラブを抱えて回転力を生かして投げる右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
今日は速球主体にテンポ良く打者を打ち取っていきました。
速球の球速は、最速133kmの表示。

・打線
初回に相手守備のミスを見逃さずにたたみかけ、一挙に9点を奪った集中力は見事でした。
最高の形での発進ではないでしょうか。

・守備
パスボール1つ以外は問題なし。


<一戸>
・投手
久保田優斗 1回
ゆったりとした始動から、上体をやや後方へ捻ってタメを作ってからしなやかに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
それほど悪いピッチングではないように見えましたが、自らのバント処理のミスなどもあり、傷口を広げた後に安打を打たれてしまいました。

土川将樹 1回途中〜4回
ゆったりと始動し、機敏に体を回転させてコンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
本職が野手のようで、スナップスローのような感じで投げていますね。
まだ1年生ですが、動作が機敏で運動神経が良さそうなので、今後の成長に期待いたします。

・打線
初回の9失点でペースを失い、4回まで1人の走者も出せずに淡泊にイニングが進んでしまいました。
5回に好機をつかんだものの、あと1本は封じられた感じです。

・守備
立ち上がりにバント処理のミスを連発し、その隙にたたみかけられて重い失点を背負ってしまったのが非常に痛かったですね。

posted by ティト at 20:35| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック