2017年07月10日

7月10日 高校野球観戦記 その2

7月10日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第2試合
花巻北 7−5 宮古商

取っては取られる激しい打撃戦。
機動力を絡めて効率良く点を奪った花巻北が、終盤に逆転して逃げ切りました。

<花巻北>
・投手
畠山大空 1回〜6回途中
ゆったりとした始動から、重心を落として上体の回転とともに投げる右下手。
球威で押すタイプではありませんが、球持ちが良く、タイミングを合わせづらいのが特長です。
制球の良い技巧派2年生ですね。

佐々木健 6回途中〜9回
常時セットポジションから、勢い良く体を回転させて力強くコンパクトに腕を振る右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派です。
機敏性と躍動感のある管理人好みの力投型ですね。
フォームに癖もなく、筋力アップが球威アップに直結するタイプだと思います。
管理人の要チェックリストに入っている2年生で、順調に成長していて嬉しくなりました。
速球の球速は、最速138kmの表示。

・打線
好機に安打がつながり、しぶとく点をもぎ取りました。
盗塁もうまく絡めることができましたね。

・守備
フライの目測を誤って安打にしてしまい、余計な失点につながりました。
相手に主導権を渡してしまう展開でしたが、打戦の奮起で逆転勝利をおさめました。


<宮古商>
・投手
舘洞諒 1回〜7回途中
常時セットポジションから、素早く体を回転させて担ぐように振りかぶってから勢い良く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良くグイグイ投げ込みます。
胸の張りは不十分ですが、躍動感を投球に生かせているのは好印象。
機敏で運動神経が良さが見て取れました。
速球の球速は、最速130kmの表示。

星川大地 7回途中〜9回
ゆったりとした始動から、上体をやや捻って勢い良く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球主体に押す投球を見せました。
体格に恵まれて筋力がありそうですし、まだまだ成長できそうな投手です。
速球の球速は、最速132kmの表示。

・打線
頻繁に安打が出て好機をつかみました。
2度リードしましたが、あとひと押しで大量点を取れるという場面で点を取りきれなかったのが勝敗に結びついた感じです。

・守備
捕球ミスと悪送球が連鎖してしまい、余計な点を与えてしまいました。
終盤の勝負どころでもミスから失点し、逆転を許してしまいました。

posted by ティト at 20:24| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック