2017年07月10日

7月10日 高校野球観戦記 その1

7月10日

夏の高校野球県大会2回戦 花巻球場第1試合
千厩 7−0 金ヶ崎 (7回コールド)

2回途中からの観戦です。
好機に効率良く点を積み重ねた千厩が、ピンチもしっかりと凌いで無失点の快勝をつかみました。

<千厩>
・投手
千葉英太 1回〜6回
機敏な体動から、全身をバネのように使って勢い良く投げ込む右スリークォーター。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を量産する本格派です。
今まで何度も書いていますが、この投手については、手直しすべき部分がほとんどなく、いかにパワーアップしていけるかだけが進化ポイントでしょう。
また、今まで見てきて管理人が思ったのは、コンディション調整に対する意識の高さが素晴らしい投手なので、寒くても暑くても高レベルのパフォーマンスを発揮できることが実は1番の強みです。
こういう投手は、他人からあれこれ言われなくても成長できると思うので、とこへ行っても活躍できる投手だと太鼓判を押します。
育てて伸ばせる投手と自ら伸びる投手がいるはずですが、千葉投手は間違いなく後者でしょう。
速球の球速は、最速142kmの表示。

・打線
得点機に安打がつながり、取れる時に点を取れたのが勝因ですね。

金野大成 右投左打
腰の座った重厚感のあるスイングには迫力がありました。
球足が非常に速いですね。

・守備
ゴロ処理に余裕を持ち過ぎて安打にしてしまったり、バント処理で焦って捕り損ねたりで、余計なピンチを招いてしまいましたが、あと1本は許しませんでした。


<金ヶ崎>
・投手
千葉元輝 1回〜7回途中
ゆったりとしたした始動から、全身をしなやかに使って鋭く腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れるのが魅力です。
腕の振りが鞭のようにしなやかなのも特長で、球持ちが良く、打者の手元で速球が伸びてくる球質ですが、今日は体が重そうな感じで、本来の躍動感がなく、球威がいまひとつでした。
酷暑の夏のコンディション作りは本当に難しいのだと思います。
ポテンシャルは素晴らしいので、卒業後も野球を続けていただきたいです。

樋口達哉 7回
ゆったりとした始動から、上体をやや捻り、体の回転とともにコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と変化球を低めに集めて打たせて取る投球を見せました。

・打線
好機はありましたが、あと1本を封じられました。
2回の一死満塁をモノにできなかったことが、勝敗の分かれ目になったと思います。

・守備
バント処理の悪送球でピンチを広げての余計な失点がありました。
相手エースが好投手なので、1点1点が重くのしかかり、攻撃の焦りにもつながってしまいました。

posted by ティト at 20:03| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック