2017年07月09日

7月9日 高校野球観戦記 その2

7月9日

夏の高校野球県大会2回戦 森山球場第3試合
盛岡中央 14−2 大槌 (6回コールド)

盛岡中央の強打が炸裂。
好機で安打をまとめてビッグイニングを作る展開でした。

<盛岡中央>
・投手
石澤優馬 1回〜3回
ゆったりとした始動から大きく振りかぶり、スムーズに体重移動してしなやかに腕を振る左スリークォーター。
球威で圧倒する感じではありませんが、糸を引くような伸びのある速球主体に打たせて取る投球を見せました。
走者が出ないと、ポンポンとテンポ良く投げ込む小気味良さがありますね。
もっと力感と躍動感が出てくれば楽しみな2年生です。

石澤拓人 4回〜6回
常時セットポジションからゆったりと振りかぶり、軸足でタメを作ってからコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球を見せました。
機敏性はやや不足していますが、上体の倒し込みは生きており、今後の進化が期待できる2年生です。

・打線
相手のミスを逃さす一気にたたみ込む集中力を見せました。
15安打14得点は素晴らしい結果でしょう。
変化球を引っかける打撃が目立ったことだけが反省材料だと思います。

・守備
問題なし。


<大槌>
・投手
藤原勇気 1回〜5回途中、6回
常時セットポジションから、素早く上体を倒し込みながら爆発的に腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
瞬発力がありますし、地肩がかなり強そうですね。
春に見た時よりも変化球の精度が高まっていて進化を確認できました。

谷地功貴 5回途中〜6回途中
ゆったりとした始動から、素早く体を回転させつつコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味です。
本職が野手のようで、スナップスローのようにリストを使って投げていますね。
もっと下半身の体重移動を利用できれば楽しみな2年生です。

・打線
速球には振り負けずに弾き返して2点をもぎ取りましたが、変化球に泳いでしまう場面が目立ちました。

・守備
ライナーの目測を誤って先制を許し、相手に主導権を渡してしまった感じです。
その後もイージーな捕球ミスや悪送球が目立ち、大量失点につながってしまいました。
ミスが致命傷となる夏の怖さが出てしまった試合だと思います。

posted by ティト at 19:19| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック