2017年07月08日

7月8日 高校野球観戦記 その2

7月8日

夏の高校野球県大会1回戦 森山球場第2試合
一関二 10−0 住田 (6回コールド)

住田の守備のミスに乗じて効率良く点を積み重ねた一関ニの快勝となりました。

<一関二>
・投手
小山倖之介 先発完投
常時セットポジションから、ゆったりと振りかぶって勢い良く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
ゆったりとした体動から力強く腕を振ってくるので、打者目線で速球には球威をかなり感じるだろうと思います。
変化球を投げる時にやや力が抜けてしまうのが課題でしょうか。
下半身の体重移動と胸の張りが不十分な中でもなかなか力のあるボールを投げていますし、しっかりと鍛えれれば大きく進化できる逸材でしょう。
春に見た時よりもパワーが増していますし、ポテンシャルの高さに驚きました。
速球の球速は、最速136kmの表示。
注目選手リストに載せるレベルにあると判断しましたので、追記載させていただきます。

・打線
速球も変化球も当てに行かずにしっかりと振り切っているのが好印象です。
鋭い安打が多かったですね。

・守備
問題なし。


<住田>
・投手
菊池飛我 先発完投
常時セットポジションから、機敏にカラダを回転させて勢い良く腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く低めに集めます。
躍動感を投球に乗せているのが好印象です。

・打線
好機はつかみましたが、要所でゲッツーや三振を取られてあと1本が出ませんでした。

・守備
イージーな悪送球で余計なピンチを招いて大量失点につながりました。
安打数自体は両チームともそれほど変わりませんでしたが、ミスが点差に直結してしまった感じでしょう。

posted by ティト at 19:01| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック