2017年07月08日

7月8日 高校野球観戦記 その1

7月8日

夏の高校野球県大会1回戦 森山球場第1試合
一関修紅 5−4 花泉 (延長11回サヨナラ)

流れが両チームに行き来する大接戦。
どちらにも勝って欲しいような互角の展開でしたが、延長11回に一関修紅がサヨナラ安打で勝利をつかみ取りました。

<一関修紅>
・投手
熊谷駿 先発完投
常時セットポジションから、やや担ぐように大きく振りかぶって上体の倒し込みを生かしながら腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
腕を体の後ろに隠すように引き絞ってからリリースするので、球の出どころが見づらいのが特長ですね。

・打線
盗塁を絡めながら相手にプレッシャーをかけていました。
中盤に安打がつながりましたが、それ以降はあと1本がなかなか出ない焦れる展開となりました。

・守備
イージーフライを捕れずに先制点を許してしまったのが重くのしかかり、序盤は焦りが攻撃に乗り移って淡泊にイニングが進んでしまいました。


<花泉>
・投手
今野洸 先発完投
常時セットポジションからゆったりとした始動し、機敏に体重移動しながら力強く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球をグイグイ投げ込みます。
胸の張りがやや不十分で手先で押し出すような違和感がありますが、リストが相当強く、スナップスローのような感じでも力のあるボールが決まっていました。
制球重視なのか、春に見た時よりも躍動感は抑え気味でしたが、体に力がありそうですし、少しずつ微修正でフォームの角を取ってパワーロスを減らしていけば、ボールにウエートが乗るようになり、かなりの成長を見込める2年生です。

・打線
先制した後に打線が沈黙してしまい、逆転を許しましたが、終盤に同点に追いついた底力は見事です。

・守備
中盤にもったいない悪送球から逆転を許してしまったのが非常に痛かったですね。

posted by ティト at 18:54| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック