2017年07月07日

2017岩手の高校野球 注目選手 投手編

2017岩手の高校野球 注目選手 投手編

三浦瑞樹(盛大附3年)
スムーズな体重移動から、しなやかに腕を振って最速140km台の速球と緩急2種類の変化球をバランスよく交える左上手。
パワーロスの少ない滑らかなフォームが特長で、力感も増して球威上昇中。
甲子園での活躍も印象深い岩手を代表する本格派サウスポー。

平松竜也(盛大附3年)
大きく振りかぶり、全身をダイナミックに使って爆発的に腕を振る力投型の右上手。
最速140km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派。
春は怪我で出番なしも、夏は完全復活に期待大。
昨年から目を見張る成長を見せる逸材。

臼井春貴(盛大附3年)
重心を低く落としつつ、担ぐように振りかぶって力強く腕を振り下ろす右上手。
最速140km台後半の速球と緩急2種類の変化球でぐいぐい押す本格派。
春は不調だったものの、抜群の筋力の強さを誇るポテンシャルの高い逸材。

吉田颯(盛大附3年)
ゆったりとした始動から、大きく振りかぶって腕を振り、最速140km台の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる右上手。
体の硬さはあるものの、リストが強く、スナップスローのような感じでも力のあるボールがビシビシと決まるポテンシャルの高さが魅力。

千葉英太(千厩3年)
しなやかな体動から、鋭くスムーズに腕を振って最速140km台後半の速球と多彩な変化球を自在に操る右スリークォーター。
体全体にバネがあり、躍動感があって美しいフォームが特長。
昨年から活躍しており、マウンド経験も十分。
見るたびに進化する学習能力の高さが最大の強みであり、集大成の夏に最高のパフォーマンスを見せてくれる予感大。

佐藤眞生(花巻東3年)
トルネード気味に上体を捻り、力強く腕を振って最速140km台の速球と緩急2種類の変化球で三振を取れる右スリークォーター。
制球が良く、ストライク先行の小気味よい投球が持ち味。
一冬越えて筋力を増し、8割位の力でも威力のあるボールを投げ込む。
躍動感が増せばまだまだ伸びる。

川村勇司(花巻東3年)
上体をトルネード気味に捻って体の回転を生かすフォームから、コンパクトにに腕を振って最速130km後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる右スリークォーター。
体重移動をあまり使わずに体の回転で投げるタイプも、制球が良く、四隅に投げ分けられる安定感が光る。

田中大樹(花巻東2年)
体の開きを抑えるように上体を後方へ捻ってからしなやかに腕を振る左スリークォーター。
最速130km台の速球と横滑りする変化球で、バットの芯を外す投球を展開する。
一冬越えて、体重移動を利用するフォームから、体の回転を生かすフォームにモデルチェンジ。
躍動感が増せば楽しみな2年生。

中村彪(久慈工3年)
ゆったりとした始動から、体の回転を効かせて力強く腕を振り下ろす右上手。
最速140km台中盤の速球と緩急2種類の変化球で三振を取れる本格派タイプ。
地肩が抜群に強く、ゆったりとした体動に見えても威力のあるボールがビシビシと決まる。
躍動感が増せば大きく進化できる逸材。

岩崎颯人(黒沢尻工3年)
ピンと背筋の伸びた美しい佇まいから、上体の倒し込みとともにしなやかかつ力強く腕を振り下ろす右上手。
最速140km台の威力のある速球でぐいぐい押す、いわゆる正統派の本格派タイプ。
配球を読まれて春は打ち込まれたものの、目を見張るポテンシャルの持ち主。

菅原大夢(黒沢尻工2年)
ゆったりとした始動から、コンパクトに腕を振ってテンポよく投げる右上手。
最速130km台中盤の速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す。
本職が野手で、スナップスロー傾向はあるものの、投手としてどんどん進化している2年生。

田中琉右那(盛岡四3年)
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しつつしなやかに腕を振る右上手。
最速140kmの速球と落差のある変化球で三振を取れる本格派タイプ。
パワーロスの少ないフォームが特長で、一冬越えて大きく進化している成長株。

千葉光(一関学院3年)
一球一球バランスを確かめるように丁寧にスムーズに体重移動させながら、最速130km台後半の速球と緩急2種類の変化球を投げる右上手。
制球が良く、スッと落ちる変化球で空振りを取れる安定感が魅力。
力の加減が巧みで、完投能力も十分。

滝田丞(一関学院2年)
ゆったりとした始動から、上体をトルネード気味に捻って勢いよく腕を振り下ろす右上手。
最速130km台後半の伸びのある速球主体に押す本格派タイプ。
力感があって小気味よい2年生。

高橋京也(専大北上3年)
力感ある体動から、勢いよく腕を振って最速130km台後半の速球と落差のある変化球で三振を取れる右上手。
公式戦での登板は少ないものの、瞬発力があってポテンシャル十分の逸材。

廣田涼(専大北上3年)
常時セットポジションから、スムーズに体を回転させながらしなやかに腕を振る右スリークォーター。
最速130km台中盤の糸を引くように伸びる速球と落差のある変化球をコーナーに投げ分ける。
春は出番がなかったものの、柔軟性のある体動には将来性があり、マウンド経験も豊富で失点を計算できる安定感が光る。

小比類巻圭汰(不来方3年)
ゆったりと始動した後、機敏に体を動かして鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
最速130km台後半の伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球を低めに集める。
モーションが速く、打者目線でタイミングを合わせづらいのが特長。
センバツでは本調子ではなかったが、夏に最高のパフォーマンスを見せる。

箱石瑛己(宮古3年)
スムーズに担ぐように振りかぶり、しなやかに腕を振り下ろして最速130km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球を投げ込む右上手。
胸をしっかりと張って反発力を生かせるバランスの良いフォームが魅力。
まだまだ成長できる逸材。

水野夏樹(高田3年)
ゆったりとした始動から、しっかりとグラブを抱えて回転力を生かして投げる右上手。
最速130km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプ。
変化球の精度が高さが長所で、要所でズバッと決まる速球も二重丸。

高橋宜也(盛岡中央3年)
軸足で充分にタメを作りつつ、勢いよく腕を振り下ろして最速130km台後半の速球と落差のある変化球との緩急を生かす右上手。
昨年と比べて制球力が増し、ストライク先行の投球で失点を計算できる安定感あり。
力の加減が巧みになって完投能力も十分。

高柳涼(久慈3年)
大きく振りかぶり、重心を落としつつスムーズに体重移動しながら勢いよく腕を振る右スリークォーター。
最速130km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派。
細かいことは抜きに、ボールの勢いで打者を抑え込むタイプ。

鹿内晃輝(盛岡三3年)
常時セットポジションからゆったりと始動し、体の回転とともに鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
最速130km台後半の速球主体にぐいぐい押す本格派。
筋力の強さを生かし、力いっぱい腕を振る力投が持ち味。

西舘洸希(盛岡三2年)
常時セットポジションから、上体の回転とともにしなやかに腕を振り下ろす右上手。
最速130km台後半のある速球と落差のある変化球をテンポよく投げ込む。
軽々と力のあるボールが決まり、まだまだ余力十分の2年生。

橋山翔(伊保内2年)
スムーズに体重移動し、全身を使いながらしなやかに腕を振る右上手。
最速130km台後半の伸びのある速球と落差のある変化球をコーナーに決める本格派。
体のバランスが良く、パワーロスの少ない綺麗なフォームが特長。
まだまだ伸びる2年生。

佐藤大起(一関一3年)
全身をバランスよく使う体動から、鋭くコンパクトに腕を振って最速130km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球をコーナーにビシビシと決める右上手。
ボール1個の出し入れをするかのような抜群の制球力が持ち味で、打者に容易にはフルスイングを許さない。

坂本寛太朗(一関一3年)
ゆったりと振りかぶった後、機敏な動作で鋭く腕を振って最速130km台中盤の速球とキレの良い変化球をコーナーに集める右上手。
パワーロスの少ないバランスの良いフォームが魅力で、程よくリラックスしながらもリリース時の躍動感が備わる。
昨年より筋力が増して球威も向上。

岩城大夢(大船渡東3年)
常時セットポジションから、重心をグッと落として担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
最速130km台の速球と多彩な変化球を低めに集めて打者のタイミングを外す。
変化球で追い込んで速球でズバッと決める大胆な投球が持ち味。

林下勝也(大野3年)
上体の倒し込みを利用し、勢いよくコンパクトに腕を振って最速130km台中盤の速球と緩急2種類の変化球を投げ込む右上手。
躍動感があって小気味よい投球が持ち味。
マウンド経験豊富で、走者が出ても慌てず力を発揮できるのも強み。

千葉元輝(金ヶ崎3年)
ゆったりとした始動から、右足を勢いよく上げ、体動の勢いを効かせて力強く腕を振る左上手。
最速130km台の速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポよく投げ込む。
やや粗削りながら、動作が機敏でポテンシャル十分な管理人好みの力投型。

佐々木健(花巻北2年)
常時セットポジションから、勢いよく体を回転させて力強くコンパクトに腕を振る右上手。
最速130km台後半の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプ。
細かい制球は今後の課題も、機敏性と躍動感を備える管理人好みの力投型2年生。

小山倖之介(一関二3年)
常時セットポジションから、ゆったりと振りかぶって勢い良く腕を振り下ろす右上手。
最速130km台後半の速球と緩急2種類の変化球で三振を取れる本格派タイプ。
まだ粗削りも、パワフルでポテンシャル十分の逸材。

佐々木朗希(大船渡1年)
常時セットポジションからゆったりと始動し、体の回転を効かせて力強く腕を振る右スリークォーター。
最速150km近い速球で打者をねじ伏せる魅惑の長身本格派。
1年時の大谷翔平投手を上回る球威の持ち主で、間違いなくプロを狙える超逸材。

posted by ティト at 07:49| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手野球注目選手情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック