2017年06月30日

2017注目チームD

第5回目は黒沢尻工。


黒沢尻工は、今春ベスト8でシード獲得。
春は思わぬ大量失点などで課題が見えましたが、潜在能力の高い好選手が揃い、久しぶりの甲子園を狙います。

投手陣は、ポテンシャル十分の本格派2枚を擁します。
岩崎颯人投手は、ピンと背筋が伸びた美しい佇まいから、上体の倒し込みとともにしなやかかつ力強く腕を振り下ろす右上手。
最速140km台の速球主体にぐいぐい押す正統派の本格派右腕ですね。
8割位の力での完投能力向上を目指して試行錯誤中で、春は打ちこまれる場面がありましたが、本来の躍動感を生かしながらの力の加減方法を身につけられれば、もう1段階進化できる逸材です。
菅原大夢投手は、ゆったりとした始動から、コンパクトに腕を振ってテンポ良く投げる右上手。
最速130km台中盤の速球と落差のある変化球とのコンビネーションが持ち味です。
本職は野手ですが、スナップがかなり強そうで、今後の成長が楽しみな2年生です。
上記2投手に加え、戸来大輔投手、長山優大投手などの有望な2年生も控え、連戦を乗り切れる投手力は備えています。

打線は、選球眼が良く、際どいコースは見極めて甘いコースを狙い打つ意識が浸透している印象です。
リードされてからも終盤に大量点を奪って逆転するなど、底力は十分と見ます。
菅原大夢選手は、ボールを待つ姿勢が良く、相手投手の動きにシンクロして抜群のタイミングでボールを捕えられる打撃センスの持ち主です。
動体視力が優れている感じで、容易には空振りしない確実性が光ります。
パワーが増せば非常に楽しみな2年生です。
石塚綜一郎選手は、恵まれた体格からの力強いスイングが際立つスラッガータイプ。
1年生とは思えないパワーの持ち主ですし、今後の岩手を代表する選手に成長する予感十分です。
高橋叶夢選手は、俊足巧打のトップバッタータイプで、鋭くコンパクトにボールを捕らえられる瞬発力に優れています。
これまた楽しみな1年生ですね。
古川凌選手は、リストの強さを生かした一発を期待できる2年生です。

守備は、時折ミスで失点する場面はあるものの、全体的に内外野ともに穴がなく、センスの良い選手が揃います。
菅原大夢遊撃手は、無駄のない足さばきと柔らかいグラブタッチで、難しい打球を難なくさばく安定感が光ります。
投げて打って走って守れる素晴らしい野球センスの持ち主ですね。
八重樫祐介二塁手は、瞬発力を生かした守備範囲の広さと球際の強さで、がっちり堅実に守ります。
高橋郁人捕手は、強肩とフットワークの軽快さが魅力で、投手の得意球を生かすリードスタイルです。
高橋叶夢中堅手は、瞬発力を生かした守備範囲の広さが際立つ1年生です。

今春、厳しい接戦をモノにしてシードを獲得した自信が糧となり、選手個々のポテンシャルが大きく開花しつつあります。
じわじわとレベルアップしている黒沢尻工が、夏にはついに頂点を射止める可能性は十分あるとみます。


次回は盛岡四。

posted by ティト at 03:06| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック