2017年05月22日

5月22日 高校野球観戦記 その1

5月22日

春の高校野球県大会準々決勝 大平球場第1試合
大船渡東 8−4 盛岡四

3回途中からの観戦です。
効率良くじわじわと加点した大船渡東が、食い下がる盛岡四の反撃を凌いで逃げ切りました。

<大船渡東>
・投手
岩城大夢 〜9回
常時セットポジションから、重心をグッと落として担ぐように振りかぶってコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で的を絞らせない投球を見せました。
ストンと落ちる変化球が非常に有効で、これがコーナーに決まると打者はなかなかフルスイングできないでしょう。
ピンチで素晴らしいコースにズバッと決めてあと1本を許さない集中力が光りました。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

・打線
緩い変化球を打ち損じる場面はありましたが、しっかりと振り切っているのは好印象です。
取られたらすぐに取り返して相手に主導権を渡しませんでしたし、相手のミスをうまく得点に結びつけていました。

佐藤啓太 右投右打
速球をドンピシャで捕らえ、センターバックスクリーン直撃の特大の一発を放ちました。
まさに完璧に捕らえたという感じの素晴らしいスイングでした。

・守備
問題なし。


<盛岡四>
・投手
須川皓輝 〜8回
ゆったりとした始動から、上体をひねりつつ腕のしなりを生かして投げる右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような投球と落差のある変化球との緩急で打たせて取る投球が持ち味のようです。
ドロンとした緩い変化球をうまく使って打者のタイミングを外す投球を見せていました。
腕が遅れて出てくる変則的なフォームが特長ですが、機敏性をもっと意識して体動の勢いを生かせるようになれば、ボールにウエートが乗って球威がグンと増してくると思います。
あとは、走者をほとんど牽制せずに大きくリードを取られてしまうのは今後の課題でしょう。

佐藤頼人 9回
ゆったりとした始動から、背筋をピンと伸ばして担ぐように振りかぶった後にしなやかに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球が持ち味のようです。
癖のないフォームでバランスは良いですが、下半身の体重移動をもっと意識して勢い良く投げ込む躍動感が出てくれば、大きく進化できると思います。

・打線
再三の好機にたたみかけることができず、いまひとつ点を取りきれなかった印象です。

・守備
好プレーはありましたが、アウトにできそうな打球をもう一歩出足が遅れて安打にしてしまう場面がありました。
夏までに瞬発力を養っていただきたいと思います。

小田中佳文 遊撃手
無駄のない足さばきでスッと打球に体を寄せてピシッと送球する守備センスが光りました。

posted by ティト at 20:52| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック