2017年05月20日

5月20日 高校野球観戦記 その2

5月20日

春の高校野球県大会 八幡平球場第2試合
高田 6−2 盛岡中央

中盤までに好機を着実にモノにしてリードした高田が、盛岡中央の終盤の反撃を凌いでビッグイニングを作らせずに逃げ切りました。

<高田>
・投手
水野夏樹 先発完投
ゆったりとした始動から、しっかりとグラブを抱えて回転力を生かして投げる右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
変化球を多めにし、要所でズバッとストレートを決め、相手に的を絞らせませんでしたね。
前にも書きましたが、左足を踏み出した時に体重移動がやや滞っている部分を改善すれば、さらに進化できると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

・打線
中盤までに相手のミスを逃さず安打を効率良くまとめ、主導権を握りました。
終盤に勢いが止まってしまったのが次戦への課題でしょう。

・守備
問題なし。


<盛岡中央>
・投手
高橋宜也 1回〜4回途中
常時セットポジションから、軸足で充分にタメを作りつつ勢い良く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
制球重視で、昨年と比べて躍動感が目減りしていますが、変化球で容易にストライクを取れるようになり、安定感が増しています。
速球は要所で力を込める感じで、スタミナ配分にも成長が見られますね。
もっと下半身の体重移動を生かして体動の勢いをボールに乗せられれば、さらに進化できると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

広田子龍 4回
機敏に始動して体の回転とともに勢い良く腕を振る右横手。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような伸びのある速球主体に打たせて取る投球を見せました。
あまりじっくり見られませんでしたが、なかなか打ちづらい投手だと思います。

武田北斗 5回
ゆったりとした始動から、機敏に体重移動しつつコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球主体に押す投球を見せました。
本職が野手のようで、スナップスローのように投げているのが気になりますが、ストライク先行でテンポ良く打たせて取るのが持ち味ですね。
もっと胸の張りを意識して反発力を生かせるようになれば、球速はまだまだ増してくるでしょう。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

高橋昇大 6回〜9回
ゆったりとした始動から、やや上体をひねってタメを作った後に鋭くコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球を低めに集めて打たせて取る投球を見せました。
曲がりの大きい変化球も非常に有効です。
ストライク先行でテンポが良く、押せ押せムードの相手打線の勢いを止めるナイスピッチングでした。
もっと躍動感が出てくれば楽しみな2年生です。

・打線
両チームに力の差は感じませんでしたが、好機に連打が出なかった分、いまひとつ点を取りきれなかった印象です。
スクイズ失敗や牽制死も非常に痛かったです。

・守備
飛球の目測を誤ったり、捕れそうな打球を安打にしたりで、いまひとつリズムに乗れないままに失点を重ねてしまいました。
ミスが致命傷となる試合を経験し、夏への教訓となったはずです。

posted by ティト at 22:47| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック