2017年05月20日

5月20日 高校野球観戦記 その1

5月20日

春の高校野球県大会 八幡平球場第1試合
一関一 1−0 盛岡工

両チームエースの力投による見応えのある投手戦。
相手守備のミスから奪った貴重な1点を一関一が守り切りました。
※左打者への外角のストライクゾーンが広すぎる感じで、それも投手戦に拍車をかけた印象も持ちました。

<一関一>
・投手
佐藤大起 先発完投
全身をバランス良く使う体動から、鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
何度も見ている投手ですが、速球と変化球を狙ったところへ投げられる指先感覚を身に着けてきましたし、失点を計算できる勝てる投手に成長していると思います。
ペース配分も巧みで、要所で力を込める投球術も素晴らしいですね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
縦の変化球にタイミングが合わず、なかなかフルスイングできずにイニングが進んでしまいました。
相手守備のミスを唯一の得点につなげられましたが、クリーンヒットはほとんど出なかったように思います。

・守備
問題なし。

五十嵐健人 遊撃手
球際でボールから目を切らず、グラブを柔軟に動かして打球の勢いを吸い取る捕球センスは見事です。
再三の好捕を見せましたし、送球の安定感も光る2年生です。


<盛岡工>
・投手
田屋裕人 先発完投
常時セットポジションから、担ぐようにゆったりと振りかぶりつつ鋭く腕を振る右右スリークォーター。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球をバランス良くミックスして打者に的を絞らせない投球を見せました。
やや手先で押し出してしまう傾向があるのは要改善ですが、リストがかなり強そうで、体の回転もうまく利用できていました。
下半身の体重移動と胸の張りをもっと意識できれば、大きく進化できる資質の高い2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
好機であと1本が出ませんでしたし、バント失敗のダブルプレーも非常に痛かったですね。

・守備
厳しい目で見させていただくと、全体的にややスタートが緩慢で、安打性の捕れそうな打球への対処に課題があるように思います。
待って捕球してギリギリのプレーになってしまうのも気になりました。
待って捕球すると、捕球ミスに加えて悪送球も誘発しますし、普段から動いて流れるように送球する意識を持つことがもっと必要だと感じました。

posted by ティト at 21:57| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック