2017年05月06日

5月6日 高校野球観戦記 その2

5月6日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第1試合
一関一 2−0 千厩

雨天の中、好投手同士の息詰まる投手戦。
千厩の守備のミスで奪った2点を、一関一が固い守備で守り切りました。

<一関一>
・投手
佐藤大起 先発完投
特長は先日記載のとおり。
昨年より制球力が増し、ボール1つ分のゾーンの出し入れで勝負できる投手に成長しています。
キレの良い変化球の精度も良く、大崩れしそうにない安定感が光ります。
コーナーワークで相手にフルスイングを許さないナイスピッチングでしたね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
相手好投手を相手に、なかなか連打が出ない展開。
重苦しい雰囲気でしたが、5回にヒットエンドラン成功後の相手守備のミスで挙げた貴重な1点と、9回にも相手のミスによる1点を加えて勝利をつかみ取りました。

・守備
ミスはありましたが、その後のカバーがしっかりしていたのは好印象。
見事なバックホームもあり、要所での集中力はバッチリでした。


<千厩>
・投手
千葉英太 先発完投
特長は先日記載のとおり。
序盤は躍動感を抑え気味にし、徐々に機を見てペースアップしていく投球を見せました。
スタミナ配分がしっかりとできていますので、攻撃側がスタミナ切れを狙ったとしても、おそらく崩れない投手だと思います。
試合には敗れましたが、投球内容は素晴らしいものがありました。
速球の球速は、目測で最速140km台前半〜中盤。

・打線
相手を上回る安打を放ち、好機は何度かありましたが、ここぞで畳みかけることができませんでした。
ホームを狙ってのタッチアウトもあり、球運にも恵まれなかった印象です。

金野大成 右投左打
見るからにパワーのありそうな大柄な体格から、力強い打球を連発していました。
場面に応じてコンパクトに捕えるミートセンスも光ります。

・守備
もったいない悪送球で2失点したのは非常に痛かったですね。
ライナーの目測を誤って頭を越されたり、イージーなフライ落球もありました。
好投を続けるエースを守り立てる展開にならず、課題を残しました。

posted by ティト at 18:13| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック