2017年05月02日

5月2日 高校野球観戦記 その2

5月2日

春の高校野球北奥地区予選 森山球場第2試合
黒沢尻工 5−3 水沢工

投打にレベルの高いせめぎ合い。
中盤までにリードを広げた黒沢尻工が、水沢工の終盤の反撃を凌いて逃げ切りました。

<黒沢尻工>
・投手
岩崎颯人 1回〜7回途中
ピンと背筋の伸びた常時セットポジションから、上体の倒し込みとともにしなやかかつ力強く腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球主体にグイグイ押す本格派タイプです。
昨日見た千厩の千葉英太投手と同じく、管理人が特に注目している投手の1人で、ひと冬越えてどのように成長したのか楽しみにしていました。
昨年と比べると、躍動感を抑え気味に、先発完投を意識して8割位の力で投げている感じですね。
球威アップを楽しみにしていた部分では不満はありますが、クイックや牽制などの技術が格段に向上していますし、より勝てる投手に進化している印象です。
ポテンシャルは十分の投手ですので、もう少し躍動感を意識するだけで球威は増してくると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

菅原大夢 7回途中〜9回
ゆったりとした始動から、コンパクトに腕を振ってテンポ良く投げる右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球のコンビネーションが持ち味のようです。
本職が野手なので、スナップスローのような感じで投げていますが、それでもなかなか力のあるボールが決まっていました。
昨年の時点で走攻守で抜群のセンスを発揮していましたが、投手もできることに驚きですね。
胸の張りをもっと意識できれば、投手としても成長できる楽しみな2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
選球眼が良く、際どいコースは見極めて甘いコースをしっかりと狙い打てていました。

古川凌 右投右打
低めの速球を鋭く捕えてライナーでレフトスタンドへ運びました。

・守備
問題なし。
内外野とも穴がなく、非常に安定しています。


<水沢工>
・投手
菊地智己 1回〜5回
常時セットポジションから、力強く振りかぶって思いっきり腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
躍動感と機敏性があり、運動神経が良さそうな投手ですね。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

千田悠人 6回〜7回
ゆったりとした始動から、素早く上体を捻って鋭く腕を振る変則的な右横手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外します。
スリークォーターで投げたりアンダーから投げたりしますので、打者としてはかなり打ちづらい投手だと思います。

千葉魁人 8回〜9回
ゆったりとした始動から、やや担ぐように振りかぶって軸足でタメを作ってから力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭い変化球で押す投球スタイルです。
もう少し前へ大胆に踏み込んて体動の勢いをボールに乗せられるようになれば、球威はまだまだ増してきそうな楽しみな2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
好球必打の積極スタイル。
頻繁に安打が出て好機もつかみましたが、しばしば牽制で刺されるなど、いまひとつ点を取りきれなかった印象です。
相手好投手に対して二桁安打を浴びせていましたし、打線の底力の高さは十分にうかがえました

・守備
バウンドを合わせ損なっての捕球ミスから先制を許したのはもったいなかったですね。
全体的には軽快だったと思います。

posted by ティト at 19:54| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449535650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック