2017年05月02日

5月2日 高校野球観戦記 その1

5月2日

春の高校野球北奥地区予選 森山球場第1試合
黒沢尻北 10−0 岩谷堂 (6回コールド)

好機に連打をまとめた黒沢尻北が、じわじわと得点を積み重ねて引き離す展開となりました。

<黒沢尻北>
・投手
藤原明星 1回〜5回
常時セットポジションから、重心を低く落としつつ機敏に上体を回転させて鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をバランス良くミックスして打たせて取る投球を見せました。
ピンチではキレの良い変化球をコーナーに決め、あと1本を許しませんでした。
斎藤佑樹投手に似たフォームで、体の開きを抑えようという意識はうかがえましたが、もっと下半身の体重移動を生かして体動の勢いをボールに乗せられるようになれば、球威はグンと増してくると思います。

高橋大翔 6回〜7回
常時セットポジションから、大きく上体をひねって回転力を効かせて腕を振る右下手。
球威で押すタイプではありませんが、アンダースロー特有の浮き上がるような速球と大きく曲がる変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味のようです。

・打線
上位下位に関わらず、甘いコースは思いっきり引っ張る打撃を見せました。
ツーアウトからでも長打で点をもぎ取る攻撃でしたね。

加納伊吹基 右投右打
巻き込むように思いっきり引っ張った打球が、風にも乗ってレフトポール際場外へのホームランとなりました。

佐藤龍生 右投左打
リストが強く、コンパクトに捕らえた打球でも球足が速いですね。
俊足で野球センスが高そうですし、楽しみな2年生です。

・守備
問題なし。


<岩谷堂>
・投手
阿部瑞希 1回〜5回
ゆったりとした始動から、上体の開きを抑えるようにやや上体をひねり、体の回転とともに勢い良く腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような速球と落差のある変化球との緩急を生かして打たせて取る投球が持ち味のようです。

菊地一輝 6回
ゆったりとした始動から、やや担ぐように振りかぶって勢い良く腕を振り下ろす右上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球主体に打たせて取る投球が持ち味のようです。

・打線
再三の好機にあと1本が出ませんでした。
変化球にタイミングが合わなかったのが課題でしょう。

・守備
バウンドを合わせ損なって弾いたり、中継プレーでもたついて打者走者をホームまで返してしまうなど、もったいないミスで余計な点を与えてしまいました。

posted by ティト at 19:42| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック