2017年05月02日

5月1日 高校野球観戦記 その3

5月1日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第3試合
一関一 7−0 大東 (8回コールド)

先制後にガッチリ守ってリードを保った一関一が、終盤のまとめ打ちで一気に勝負を決めました。

<一関一>
・投手
佐藤大起 先発完投
全身をバランス良く使う体動から、鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
マウンド経験が豊富で、走者が出ても慌てませんし、制球も安定していました。
ナイスピッチングでしたね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
初回に2点を先制した後はなかなか連打が出ない展開でしたが、8回に相手のミスに乗じて一気に畳みかけました。

・守備
問題なし。

半田登和貴 二塁手
瞬発力があってすばしっこく、安打性の当たりに再三追いついていました。
捕球と送球も安定していましましたね。


<大東>
・投手
後藤貫太 1回〜7回
左腕でしっかりとリードを取り、体の回転とともに勢い良く投げ込む右スリークォーター。
伸びのある速球と大きく曲がる変化球で打たせて取る投球を見せました。
立ち上がりに制球を乱し、四死球を連発してしまいましたが、尻上がりに調子を上げて力のあるボールがコーナーに決まるようになりました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

千葉瑛太 8回
全身をいっぱいに使うフォームから、勢い良く腕を振り下ろす右上手。
球威で圧倒的なする感じではありませんが、伸びのある速球主体に打たせて取る投球が持ち味のようです。
躍動感があるのが長所ですね。

・打線
ここぞで1本が出ず、ホームが遠かった印象です。
要所で三振も多く取られてしまいました。

・守備
終盤、捕れそうな打球を安打にしたり、悪送球などで余計な失点につながりました。

posted by ティト at 00:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック