2017年05月02日

5月1日 高校野球観戦記 その2

5月1日

春の高校野球一関地区予選 一関球場第2試合
千厩 3−2 一関二

1点を争う息詰まる投手戦。
要所でミスが出た一関ニの隙を見逃さなかった千厩が、互角の接戦を制しました。

<千厩>
・投手
千葉英太 先発完投
機敏な体動から、全身をバネのように使って勢い良く投げ込む右上手。
威力十分の速球と切れ味抜群の変化球をビシビシと投げ込む管理人注目の本格派です。
今シーズンなるべく早く見たいと思っていましたが、今日見られて本当に良かったと幸せを感じられるほどのパフォーマンスの高さを見せていただきました。
ひと冬越えて瞬発力が増し、球威も確実に増していますし、正常進化を遂げているといった感じです。
この投手については、手直しすべき部分がほとんどなく、いかにパワーアップしていけるかに主にポイントが絞られているでしょうね。
あえてアドバイスをするとすれば、チェンジアップを習得して緩急を生かすことと、カットボールやツーシームでバットの芯を外す投球を志向できれば、さらに死角のない投手になれると思います。
レベル的には、たとえば甲子園でも好投できる投手だと管理人は思っています。
速球の球速は、目測で最速140km台中盤〜後半。

・打線
緩い変化球に泳いでしまうスイングが目立ちました。
なかなか会心の当たりがない展開で迎えた9回に連打で逆転した集中力は見事です。

・守備
問題なし。


<一関二>
・投手
小山倖之介 先発完投
常時セットポジションから、ゆったりと振りかぶって勢い良く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球との緩急で打者のタイミングを外す投球を見せました。
ゆったりとした体動から力強く腕を振ってくるので、打者目線で速球には球威をかなり感じるだろうと思います。
変化球を投げる時にやや力が抜けてしまうのが課題でしょうか。
ポテンシャルの高さは一見してわかりました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
連打連打とはいきませんでしたが、相手エースの威力のあるボールに対してもフルスイングで対抗していたことに感心しました。
全体的に迫力を感じましたし、冬場のウエートトレーニングに注力したであろうことが見て取れました。

・守備
ゲッツーを焦ってのもったいない捕球ミスから先制点を許してしまったのが非常に痛かったですし、捕れそうな飛球を転倒で三塁打にしてしまったのももったいなかったですね。

posted by ティト at 00:01| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449512096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック