2017年04月28日

4月28日 高校野球観戦記 その2

4月28日

春の高校野球盛岡地区予選 県営球場第2試合
盛岡三 5−1 岩手

盛岡三が2安打で岩手は3安打でしたが、スコアは5−1で盛岡三の勝利。
四死球を好機につなげる盛岡三のしたたかさが光りました。

<盛岡三>
・投手
西舘洸希 先発完投
常時セットポジションから、上体の回転とともにしなやかに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
8割位の力で制球重視で投げている感じで、まだまだ余力十分に見えました。
今後の成長が楽しみな2年生です。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
ボールをしっかりと見極め、四球を狙いながら攻撃を組み立てるしたたかなスタイル。
2安打で5得点は、選球眼でもぎ取った得点といってもいいでしょう。
ボール球を早打ちして投手を助けるような雑な打撃は決してしないチームだと思います。

・守備
もったいない悪送球から失点につながったのは反省点ですが、そのほかは問題なし。
内外野とも軽快でした。

小島奎人 三塁手
打球への反応が速く、安打性の打球を再三さばいていました。


<岩手>
・投手
佐々木尚哉 1回〜6回
常時セットポジションから、ダイナミックに体を使って鋭く腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球を低めに集めます。
胸の張りを意識できていますし、躍動感を投球に生かせているのが好印象。
余計な四死球からの失点は気になりましたが、動作が機敏で、センスの良さは一見してわかりました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

三光楼源治 7回
ゆったりとした始動から、体の開きを抑えつつコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、糸を引くような速球と大きく曲がり落ちる変化球との緩急で打者のタイミングをハス投球が持ち味のようです。
余計な四死球でピンチを招いてしまったのは反省材料でしょう。

山口大輝 8回〜9回
ゆったりとした始動から、やや担ぐように振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と
鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
躍動感があって体動に勢いがあるのは好印象ですが、やはり余計な四球でピンチを招いたのが反省材料です。
本職は野手のようですが、機敏性があって投手センスの良さも感じさせる管理人好みの2年生です。

・打線
なかなか安打が出ない展開で、ビッグチャンスをつかめないままにイニングが進んでしまいました。

・守備
細かいミスはありましたが、概ね問題なし。

posted by ティト at 23:33| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449424703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック