2017年04月28日

4月28日 高校野球観戦記 その1

4月28日

春の高校野球盛岡地区予選 県営球場第1試合
盛岡市立 8−0 盛岡北

好機で長打が出た盛岡市立が、じわじわとリードを広げていく展開でした。

<盛岡市立>
・投手
高橋吏玖 先発完投
ゆったりとした始動から、やや担ぐように振りかぶって勢い良く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と大きく曲がり落ちる変化球で打者のタイミングを外す投球を見せました。
下半身の体重移動が不足しているのが気になりましたが、地肩が相当強そうで、腕の振りには力感がありますね。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
要所で長打が飛び出し、効率良く点をもぎ取りました。

古澤礼 右投右打
速球を巻き込むように引っ張り、レフトポール際にライナー性の3ランホームランを放ちました。

・守備
軽快な動きで好守を連発していました。

遠藤航 遊撃手
打球への体の寄せが素早いですし、グラブタッチが柔らかくて球際にも強いです。

岩嵜武瑠 中堅手
俊足で守備範囲の広さが光りました。
打球へ最短距離で到達する守備センスも良です。


<盛岡北>
・投手
本堂賢輝 先発完投
ゆったりとした始動から、素早く前方へ体重移動しながらしなやかに腕を振る左上手。
伸びのある速球とブレーキの効いた落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
パワフルさはまだ不足していますが、機敏性があるのが長所で、かつフォームに大きな欠点はなく、筋力アップに比例して球威アップしていきそうな楽しみな2年生です。

・打線
安打は出るものの、単打の散発となり、一気に点をもぎ取るような展開にはなりませんてした。

・守備
難しいバウンドをモノにできない場面はありましたが、概ね問題なし。

posted by ティト at 23:20| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449424471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック