2017年01月28日

第89回選抜高等学校野球大会 出場チーム決定

皆さんもご存知のとおり、今年のセンバツの出場チームが決定しました。

岩手からは、盛大附属と不来方の2チームが出場することとなり、喜び2倍ですね。🎵

盛大附属は、秋の東北大会準優勝ですので、文句なしの選出でしょう。
豊富な投手陣と強力打線を備えていますし、全国で十分に勝ち進める戦力だと思っています。
管理人はかなり期待しています。
何を期待しているか。
もちろん全国制覇です!

不来方は、秋の東北大会では初戦敗退でしたが、21世紀枠での選出となりました。
管理人は21世紀枠制度自体に反対の立場ですが、一方で、その制度が存在している限りは徹底的に利用すべきだとも思っています。
主催者や選考委員に正式に選ばれての出場ですので、堂々と甲子園の舞台で躍動していただきたいです。
秋は、エースの小比類巻圭汰投手が大車輪の活躍を見せました。
一冬越えて、打線と守備がどれだけ進化したのか楽しみです。
まずは初出場初勝利をつかんでいただきましょう。


センバツ出場チーム一覧は、下記リンクにてご確認くださいませ。

2017センバツ 出場チーム一覧こちらをクリック

posted by ティト at 00:12| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん みなさん
やりましたね 岩手からの2校出し
やったぜ!
カトリさん情報ありがとうございます

一夜開けてスポーツ新聞を、買いにいきましたが、やはり関西の新聞だからか、扱いが小さいです(まぁ載ってるだけマシか)

私も21世紀枠は そんなに好きではないですが(3校も出すなら1枠東北にちょうだい。という理由から)
岩手は結構 良い思いさせてもらってますよね
16年位やって、3校目ですし、しかも二年連続・・・←これが大きい
世間では二年連続はあり得ないって意見も有りましたからね
まぁ高野連さんも純粋に校風とか頑張りをくんでくれたんでしょうね
頑張れ不来方

んで落ち着いて考えてみて
一つ怖い(嬉しい)ことがあるんですが、、、
ひょっとしたら、岩手県勢同士が甲子園で戦う事もあるんですよね
もし、そうなったら
俺はどちらを応援したら良いのでしょうか
考えただけでドキドキします

どのみち対戦するにしても 決勝であたってほしいですね
とにかく岩手県勢頑張れ!
Posted by 和泉 at 2017年01月28日 19:22
こんばんわ、和泉さん。
扱いの大小はあるのでしょうが、全国紙で岩手県勢を扱ってもらえるというのはやっぱり嬉しいです。
これが甲子園効果ですよね。
初戦での同県対決はないはずなので、当たるとしたらお互い勝ち上がっての舞台となるでしょう。
決勝で当たるとなれば、管理人はどうにか都合をつけて甲子園に駆けつけます!!
Posted by ティト at 2017年02月07日 23:16
管理人さん、皆さん、おはようございます。

そして改めてヤッター!!わー、パチパチ!

さて、選ばれるまでは“お祭り”ですが、これからホンバンに向けてはマジです。

選に漏れた東北の他チーム(特に好チームだった酒田南)や、
日本中で、様々なハンデを抱えて野球に打ち込むチームに為に。

不来方の監督のコメントで『ウチが一番弱いことは分かりきってる』
というのが出ていましたが、イヤイヤ、その台詞は“弱く”ありません!

小比類巻投手は、“しなやかな鉄腕”釜石・岩間投手をも越える好投手。

期待するのは“健闘”などではなく“躍進”ですから!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2017年02月11日 07:32

管理人さん、皆さん、こんにちわ!

いよいよ明日は組み合わせ抽選会です!

昨年に続き、今年もあまり“インスピレーション”が降りてきません。(笑)

その中で、『不来方』の“開幕戦”と言っておきたいです。

『モリフ』はAクラス上位の強豪校は避けつつも、油断できない強敵と当り続けそう。

今年は『Sクラス』の実力を持つ、頭抜けた存在は無いと思っています。

優勝候補はズバリ、『札幌第一』、『福井工大福井』、『福岡大大濠』。

ほか強豪、優勝候補は固まらずにバラけながらも“潰し合い”を繰り広げ、
『早実』、『日大三』、『履正社』、『大阪桐蔭』などはベスト8当りで姿を消す、と。

とりあえず、岩手2校で『3勝』、育英を入れた東北3校で『5勝』を期待しましょう。

“テッペン”はその先です!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2017年03月09日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック