2016年10月29日

10月29日 社会人野球観戦記 その2

10月29日

岩手県アマチュア王座決定戦準決勝 花巻球場第2試合
富士大 9−2 水沢駒形野球俱楽部 (7回コールド)

東北屈指の大学チーム富士大と、岩手屈指のクラブチーム水沢駒形野球倶楽部の激突は、富士大が投打で力強さを見せつけました。

<富士大>
・投手
佐々木健 1回〜6回
常時セットポジションから、大きく振りかぶって真上から投げ下ろす左上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取れる本格派タイプです。
速球の球速は、最速139kmの表示。

村上英 7回
常連セットポジションから、軸足でタメを作りつつ上体の倒し込みとともに思いっきり腕を振り下ろす右上手。
威力十分の速球と緩急二種類の変化球でグイグイ押す本格派タイプです。
速球の球速は、最速143kmの表示。

・打線
毎回走者を出して押せ押せムードで攻め立てました。
相手の隙を突く走塁も見事でした。
神宮常連の底力を見せましたね。

楠研次郎 右投左打
変化球にしっかりとタイミングを合わせて右中間最深部にホームランを叩き込みました。

・守備
問題なし。


<水沢駒形野球倶楽部>
・投手
竹田真悟 1回〜2回途中
ゆったりとした始動から、重心を沈めて蹴り足を生かしつつ力強く腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球との緩急で打者のタイミングを外す投球を見せました。
地肩が強そうですし、もっと躍動感を生かして体動の勢いをボールに乗せられるようになれば、球威はまだまだアップするでしょう。
速球の球速は、最速133kmの表示。

宮崎涼太(盛岡中央−東日本国際大) 3回途中〜4回
ゆったりとした始動から、左腕でうまくリードを取りながら体を鋭く回転させる右上手。
伸びのある速球と多彩な変化球をコーナーにビシビシ決める安定感が光りました。

松本智弘(水沢工) 5回〜6回
ゆったりとした始動から、蹴り足を生かして体動移動しつつ力強くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で三振を取れる本格派タイプです。
高卒ルーキーですが、威力のあるボールがビシビシと決まっていました。
高校時代と比べ、胸の張りがしっかりと意識されている感じで、体の回転がスムーズになっています。
将来有望な若手投手ですね。
速球の球速は、最速136kmの表示。

松本利隆(水沢ー岩手県立大) 7回
柔軟性のある体動から、肩肘のしなりを利用してしなやかに腕を振る左上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者に的を絞らせない投球が持ち味です。
けん制が巧みで、マウンド経験豊富なサウスポーですね。

・打線
中盤までなかなか安打が出ない展開でしたが、7回に連打で2点をもぎ取って意地を見せました。

・守備
イージーな捕球ミスや悪送球で余計な失点を招いてしまいました。
アウトにできそうな打球を安打にしてしまう場面も目立ちました。

posted by ティト at 23:07| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック