2016年10月29日

10月29日 社会人野球観戦記 その1

10月29日

岩手県アマチュア王座決定戦1回戦 花巻球場第1試合
オール江刺 2−1 盛岡大

7回途中からの観戦です。
序盤に取り合った点差で終盤まで推移し、オール江刺が最小得点差を守りきりました。

<オール江刺>
・投手
菅原祥 〜9回
機敏な体動から、素早く上体を回転させてコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
糸を引くような伸びのある速球と緩急二種類の変化球をバランス良くミックスして打者に的を絞らせない投球が持ち味です。
テンポよく打たせて取る投球を見せました。

・打線
センター中心の鋭い打撃を見せましたが、好機にあと1本が出なかった感じです。

・守備
問題なし。
9回裏に村岡康仁左翼手のバックホームタッチアウトでゲームセットとなりました。


<盛岡大>
・投手
林達夢(花巻東) 〜4回途中
常時セットポジションから、体の開きを抑えつつ素早く上体を回転させてコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と多彩名変化球を四隅に散らして打たせて取る投球を見せました。
制球が良く投球バランスも悪くありませんが、下半身の体重移動をもっと意識してボールにウエートを乗せられるようになれば、球威アップが見込めるでしょう。

・打線
最終回に同点を狙った走者がホームタッチアウトになるなど、球運に恵まれなかった感じです。

・守備
問題なし。

posted by ティト at 22:33| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443231807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック