2016年10月03日

10月3日 高校野球観戦記 その2

10月3日

国体硬式野球準々決勝 花巻球場第2試合
履正社 8−1 木更津総合 (7回コールド)

じわじわと得点を積み重ねてリードを広げていく履正社が、木更津総合の反撃を最小得点に封じる盤石の試合運びを見せました。
履正社の寺島成輝投手と木更津総合の早川隆久投手の登板を見られないうちに試合が終わってしまい、心残りのある管理人です。

<履正社>
・投手
山口裕次郎 先発完投
ゆったりと大きく振りかぶり、軸足でタメを作った後に体の回転を生かして腕を振る左スリークォーター。
クロスファイア気味の威力のある速球と鋭く曲がる変化球でフルスイングを封じる投球が持ち味です。
リストがかなり強そうですが、やや手首をこねるように投げているのが気になりました。
もっと胸の張りを意識して反発力を生かせるようになれば、さらにウエートが乗って球威も増してくると思います。
資質の高さは十分に見て取れました。
速球の球速は、最速138kmの表示。

・打線
強く振り回すというよりは、甘いコースをコンパクトに確実に捕らえる打撃が目立ちました。
野手の間を抜けるライナー性の打球が多かった印象です。
ここぞの好機では強振してきますし、選球眼も非常に良いですね。
夏の甲子園で優勝候補に挙げられたチームの底力は十分に感じました。

若林将平 右投右打
低めの速球を上手くすくって左中間へのサヨナラ2ランホームランを放ちました。
芯で完璧に捕えたライナー性の素晴らしい打球でした。

・守備
問題なし。
無失策で危なげがなかったです。
アウトにできる打球を確実にさばく安定感が光りました。


<木更津総合>
・投手
武田大慶 1回〜4回
グラブを頭上で構える独特のセットポジションから、蹴り足と上体の倒し込みを生かして力強く腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味のようです。
球威で圧倒する感じではありませんが、躍動感を投球に乗せていますので、球速以上に打者の手元で食い込んでくるボールを投げられますね。
速球の球速は、最速133kmの表示。

佐々木駿 5回〜6回
常時セットポジションから、グラブと右手を下に下ろしてから担ぐように振りかぶって力強く腕を振り下ろす右上手。
威力のある速球と緩急二種類の変化球をテンポ良く投げ込みます。
動作が機敏で小気味よい投手ですね。
速球の球速は、最速139kmの表示。

山下輝 7回
ゆったりとした始動から、力強く上体を倒しこんで勢いよく腕を振り下ろす左上手。
威力のある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で押す本格派タイプです。
本職が野手のようで、やや肩肘が硬くアーム式の投法になっているのが気になりましたが、力感があって筋力がかなり強そうです。
速球の球速は、最速136kmの表示。

・打線
安打が散発気味で、もうひと押しができませんでした。
強振する打者は少なく、長打力を売り物にするチームではない印象を受けました。

・守備
強い打球を捕球できない場面はありましたが、野手の動き自体は問題なし。
無駄な動きがなく、スッと打球に体を寄せて流れるように送球していました。

posted by ティト at 20:16| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、花巻行かれていたのですね!!

雨は大丈夫でしたか?

私は昨日、県営に行っておりました!!

観たことない長蛇の列でしたが、(ジョイスの辺りまでの列・・)第一試合、盛附ー履正社は、今まで数多くの野球を生観戦してきた私としても、高校野球に限定して言えばですが、屈指のハイレベルな試合でした!!

履正社の寺島投手、山口投手は、この日は変化球主体で、期待していた150キロ近い剛速球は観られませんでしたが、遠目に見て巧さは感じましたし、その球に徐々に合わせていった盛附打線もさすがという感じ、特に植田選手の山口投手から打った見事な特大アーチは私がこの球場で観た、高校野球で最大の飛距離だったかもしれません!!最後まで今年の盛附の豪打は健在、それをかわして勝利した履正社もアッパレという感じですね!!

そして第二試合の北海の大西君、登板はなかったけど見事なタイムリーを放ちました!!!木更津総合の早川投手は本領発揮の前に降板という感じでした。 

まあ、いつか甲子園に行って高校野球観たい、という想いを強くした日でしたね(笑)
Posted by だいちゃん at 2016年10月03日 20:51
管理人さん、皆さん、こんにちわ!

『だいちゃん』さん、私も県営球場のモリフVS履正社戦、見ましたYO!

私が関心したのは、履正社の外野手の玉際の強さです。よく鍛えられてます。
反面、モリフはきわどい頭上のフライを、ポロリ、ポトリ、と。(エラーは付きませんが)
その結果の『あの点差』だったのだと思います。

それにしても、履正社のサードのケツのでかいこと!(笑)

2列前には『大間高校』の野球部の皆さんが陣取り、帰りのシャトルバスの中では
『モリフ追っかけギャル』と思しき若い女性が居たりと、ずったり『高校野球』に浸った1日でした。

寺島投手のしなやかさは、TVで見るよりも10倍素晴らしかったですね。

モリフの三浦投手も、最初は力んだ133キロを連打されたものの、
そこからきっちり修正したコントロール重視の130キロ前後の直球は
しっかり履正社にも通用しておりました!植田くんの強打もまた頼もしい!

秋の東北大会に、期待大、デスっ!

最後に出てきた履正社の右ピッチャーの『落ちる球』がこれまた素晴らしかった。
あと、履正社がヒットを打った時、モリフのブラバンが演奏してました。拍手!

『だいちゃん』さん、甲子園はイイですよっ!!(私も2回しか行ったことがありませんが・・・)

現在岩手国体、絶賛開催中。野球だけでなく、他のスポーツも応援しましょう!

運よく『開会式』、『閉会式』が当たりましたが、まだ『公式高校野球』と
『ウェイトリフティング』、『馬術』しか見れていません。

ぜひ、『弓道』、『ボクシング』、『陸上』、『ホッケー』を見たいと思っています!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2016年10月06日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック