2016年09月17日

9月17日 高校野球観戦記 その2

9月17日

秋の高校野球県大会2回戦 森山球場第2試合
専大北上 3−2 盛岡三

先制してから再三のピンチを凌ぐ盛岡三に対し、終盤に追いついてそのまま勢いに乗った専大北上が、逆転して接戦を制しました。

<専大北上>
・投手
廣田涼 先発完投
常時セットポジションから、スムーズに体を回転させながらしなやかに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球が持ち味です。
柔軟性があってセンスの良さは一見してわかりますが、もっと体動の勢いをボールに乗せるパワフルさが必要だと思いました。
期待している投手なので、今後の成長の過程を追いかけたいです。
速球の球速は、最速131kmの表示。

・打線
毎回訪れる好機にあと1本が出ない焦れる展開。
焦りからの打ち損じが目立つ負けパターンでしたが、同点に追いついてからはスイングの鋭さと確実性が増した印象です。

・守備
送球が乱れる場面がありましたが、大事には至らず。
概ねがっちりと守っていたと思います。

伊藤将志 右翼手
安打性の鋭い当たりを迷いなく前進して地面スレスレでダイビングキャッチ。
これが抜けていれば1点を失っていたでしょうし、その後の逆転勝利につながるビッグプレーだったように思います。

角田麗斗 捕手
フットワークが軽く、送球の素早さも光りました。
今後の成長が楽しみな1年生捕手です。


<盛岡三>
・投手
上野正嗣 1回〜3回途中
特長は先週記載のとおり。
球威で押す感じではありませんが、糸を引くように伸びる球質の速球と落差のある緩い変化球を四隅に散らして打たせて取る投球を見せました。
肩肘が柔らかく、フォロースルーまで綺麗に決まっているのが好印象です。
筋力が増して球威も増してくれば非常に楽しみな1年生です。

鹿内晃輝 3回途中〜8回
特長は先週記載のとおり。
速球主体にグイグイ押すクラシカルな本格派ですね。
打者を力で抑え込む見事な投球でしたが、余計な四死球が失点につながってしまいました。
ポテンシャルの高さは十分にうかがえますし、さらなる飛躍を期待いたします。
速球の球速は、最速135kmの表示。

・打線
今までの待球スタイルではなく、初球からでも振っていく姿勢を見せました。
序盤の速攻で幸先良く先制しましたが、その後に打線が沈黙。
甘いボールを強振するという面では物足りなさを感じました。
9回に安打をまとめて追い上げた粘りは見事です。

・守備
もったいない悪送球が目立ち、余計なピンチを招いてしまいました。
野手の動き自体は悪くないと思います。

posted by ティト at 17:36| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック