2016年09月10日

9月10日 高校野球観戦記 その3

9月10日

秋の高校野球県大会 花巻球場第3試合
盛岡三 5−2 千厩

先制してペースを掌握した盛岡三が、千厩の反撃を2点に抑えて逃げ切りました。

<盛岡三>
・投手
上野正嗣 1回〜7回途中
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しながらしなやかかつコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた伸びのある速球と落差のある変化球で的を絞らせない投球を見せました。
制球が良く、ストライク先行のナイスピッチングでした。
力感が増せば楽しみな1年生です。

鹿内晃輝 7回途中〜9回
常時セットポジションからゆったりと始動し、体の回転とともに鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
威力のある速球主体に時折落差のある変化球を交えて打者のタイミングを外します。
筋力が強そうで、力いっぱい腕を振って重そうな速球でグイグイ押してきますね。
地区予選で見た時よりもパワーが増している感じで、今後のさらなる成長にも期待大です。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

・打線
じっくりとボールを見極めて甘いコースを辛抱強く待つスタイル。
序盤は好機をしっかりとモノにしましたが、中盤以降は三振を多く取られ、手の出ない見逃し三振が目立ちました。

・守備
イージーゴロのトンネルや待って捕ろうとしての後逸など、もったいないミスで余計なピンチを招く場面がありました。
それでも、外野が好捕を連発するなど、要所での集中力は見事でした。


<千厩>
・投手
佐藤樹 1回〜3回
ゆったりとした始動から、タメをしっかりと作りつつ体の回転を効かせて投げる右横手。
球威で押すタイプではありませんが、横手投げ特有の浮き上がるような速球とブレーキの効いた変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球を見せました。

千葉英太 4回〜8回
先発を予想していましたが、4点をリードされてからの登板となりました。
全身を使うバランスの良い体動から、しなやかかつ鋭く腕を振るためのスリークォーター。
威力十分の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を量産する本格派タイプです。
管理人が特に注目して追いかけている投手ですが、今日も素晴らしい投球を見せてくれました。
威力のあるボールがコーナーにビシビシと決まっていましたし、相手打者をなかなか寄せ付けない貫禄の投球だったように思います。
この投手は、管理人がここであれこれ言わなくても、自分で課題を見つけて着実に進化できる投手でしょう。
速球の球速は、目測で最速140km台中盤。

・打線
なかなか安打が出ない展開で、イニングだけが進んでいった印象。
終盤に相手のミスで点は入りましたが、合計4安打では押せ押せムードに至りませんでした。

・守備
打球の目測を誤って長打にしてしまったり、捕球ミスや悪送球で失点してしまうなど、もったいないプレーが目立ちました。
要所で守備のミスが出てしまい、勝機を自ら逃してしまった感じでしょう。

posted by ティト at 20:21| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441816481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック