2016年09月10日

9月10日 高校野球観戦記 その1

9月10日

秋の高校野球県大会 花巻球場第1試合
花北青雲 5−2 金ヶ崎

取って取り返す息詰まる接戦。
終盤の好機で安打をまとめた花北青雲が、粘る金ヶ崎を振り切りました。

<花北青雲>
・投手
瀬川悠維 先発完投
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつしなやかに腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球を四隅に投げ分けます。
力感はまだ不足している感じですが、体重移動はしっかりと意識できているのは好印象。
どの球種でも腕が良く振られていますので、球速以上に速球が伸びてくる感じですし、変化球のキレも非常に良いですね。
動作が機敏ですし、野球センスの高さは一見してわかりました。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

・打線
しっかりとボールは見極めつつ、甘いコースは逃さず力強く振ってくる打者が多かったように思います。
強い当たりも多かったですね。

・守備
ライナーの目測を誤ってタイムリー安打にしてしまった失点が非常に痛かったですね。
そのほかは問題なし。


<金ヶ崎>
・投手
千葉元輝 1回〜6回
ゆったりとした始動から、右足を勢いよく上げ、体動の勢いを効かせて力強く腕を振る左上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
動作が機敏で管理人好みの力投型ですね。
踏み出しがやや不安定で、投球後にバランスが崩れる傾向はありますが、微修正は比較的容易だと思いますし、躍動感を投球に生かすというフォームの最重要要素は備えている投手です。
今後の成長を確実に見込める好素材だと思います。

樋口達哉 7回〜8回
上げた左足を旋回させるように体を捻りつつ、スムーズに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球と曲がりの大きい変化球で打たせて取る投球が持ち味です。
力感がやや不足していますが、動作が機敏でセンスの良さが光りました。

・打線
好球必打でどんどん振ってくるスタイル。
安打は頻繁に出ましたが、低めの変化球にタイミングが合わず、ボール球の空振りが目立ちました。
11安打を放ちながら、好機でもうひと押しできなかった感じです。

・守備
イージーなゴロのトンネルやワイルドピッチなどで、余計なピンチを招く場面がありました。
全体的に待って捕る傾向があるのが改善ポイントだと思います。


※レフトポール際の当たりで、三塁塁審がホームランのジェスチャー。
野手はそのままプレーを続行し、打者走者は三塁ギリギリセーフ。(なぜか三塁塁審がタッチプレーをセーフ判定)
その後プレーが中断されて協議の結果、ポールではなくフェンスに当たったとのことで三塁打としてプレー再開となりました。
当初ホームランと判定されたことで、打者走者は走る足をやや緩めた感じでしたし、もし三塁タッチアウトのタイミングであれば、審判はどうするつもりだったのでしょうか?
正直言ってかなりいただけないドタバタ判定でした。

posted by ティト at 19:47| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441815884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック