2016年09月01日

9月1日 高校野球観戦記 その2

9月1日

秋の高校野球盛岡地区予選 県営球場第2試合
盛岡三 5−4 盛岡四 (9回サヨナラ)

お互い取っては取り返す互角の接戦。
好機をしぶとくモノにした盛岡三が、9回逆転サヨナラで勝利をつかみました。

<盛岡三>
・投手
高橋由伸 1回〜2回途中
常時セットポジションから、体の回転とともにコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。

畠山浩輝 2回途中〜5回途中
常時セットポジションから、重心を落としながら上体を回転させてコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんでしたが、伸びのある速球と曲がりの大きい変化球で打者のタイミングを外す投球が持ち味です。
大きく曲がる変化球の有効度が高く、打者になかなかフルスイングを許しませんでしたね。

鹿内晃輝 5回途中〜9回
常時セットポジションから、力強く上体を倒しこんで鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
威力のある速球主体に落差のある変化球を交えて打者のタイミングを外す投球を見せました。
筋力がかなり強そうで、ポテンシャルの高さは一見してわかりました。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤。

・打線
ファーストストライクを安易に振らない待球戦法。
四球を常に狙いつつ甘いボールを辛抱強く待つスタイルですね。
相手に嫌がられる戦法ですが、待つ癖がついてしまっている感じで、強振するという面ではいまひとつだったように思います。

・守備
ワイルドピッチが多く、余計なピンチを招く場面が目立ちました。
野手の動きは軽快ですが、球際をモノにできずに安打にしてしまう惜しいプレーもありましたね。


<盛岡四>
・投手
佐藤頼人 1回〜4回
ゆったりとした始動から、体の回転を生かしてスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球との緩急で打たせて取る投球を見せました。
癖のないフォームですが、機敏性と躍動感が不足し、体動の勢いがボールにいまひとつ乗り移っていないのが課題でしょう。
軽々と投げている感じで余力がありそうですし、ポテンシャルの高さは光りました。

下上拓也 5回〜7回
常時セットポジションから、素早く体重移動して力強く腕を振る左上手。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションで打たせて取る投球が持ち味です。
ややアーム式の投法ですので、もっと胸を張って肘を前に出すイメージで投げられれば、反発力が生きてバランスが良くなると思います。

田中琉右那 8回〜9回途中
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動しつつしなやかに腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打たせて取る投球を見せました。
パワーロスの少ないフォームで、筋力アップが球威アップに直結するタイプだと思います。
野手背番号ですが、投手センスの高さがうかがえました。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

・打線
打てるボールは積極的に振りにいくストロングスタイル。
安打は頻繁に出て相手を数で上回りましたが、ボールの見極めがいまひとつで、当たり損ねの凡打も非常に目立ちました。
昨日の一関学院と同様、結果オーライのバッティングでは好結果はなかなか続くものではないと思います。

・守備
概ねよく守りましたが、送球がやや緩慢なのは要修正でしょう。

posted by ティト at 19:14| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック