2016年08月31日

8月31日 高校野球観戦記 その3

8月31日

秋の高校野球一関地区予選 東山球場第3試合
千厩 2−0 大東

テンポの良い投手戦。
千厩の本格派右腕千葉英太投手の好投が光りました。

<千厩>
・投手
千葉英太 先発完投
全身をしなやかに使うバランスの良いフォームから、スムーズに鋭く腕を振る右スリークォーター。
威力十分の速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を量産する管理人期待の本格派です。
今日は力の加減を意識しているような投球で、ここぞで力を込める感覚を磨いているように見えました。
全てのボールを力いっぱい投げるのではなく、場面に応じて余力を残しておく投球術で、完投や連投にも対応できる投手に成長しつつあります。
学習能力の高い投手ですし、まだまだ進化できる投手でしょう。
体全体が鞭のようにしなる感じで、体動の勢いも反発力も効いている理想的なフォームだと思います。
速球の球速は、目測で最速140km台前半〜中盤。

・打線
走者は頻繁に出すものの、なかなか連打が出ませんでした。
勝利は手にしましたが、強い当たりは少なかったように思います。

・守備
問題なし。


<大東>
・投手
鈴木叶 1回
大きく振りかぶり、全身を使って勢いよく腕を振る右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をグイグイ投げ込みます。
立ち上がりに制球を乱し、走者を溜めて大ピンチを迎えましたが、球威で押して1失点に凌ぎました。
速球の球速は、目測で最速130km前後。

千葉慎也 2回〜7回
常時セットポジションから、担ぐように上体をやや捻ってから勢いよく腕を振り下ろす左上手。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球主体に落差のある変化球を交えて打たせて取る投球が持ち味のようです。
ストライク先行の投球で安定感がありましたね。
力感が増してくれば楽しみな1年生です。

千葉雄太 8回
ゆったりとした始動から、素早く体を回転させて鋭くコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球をテンポ良く投げ込みます。
体に力がありそうですし、ポテンシャルの高さは見て取れました。
今後の成長が楽しみな1年生です。

・打線
なかなか走者を出すことができず、三振も多く取られてしまいました。
相手投手にプレッシャーを与えられないままイニングが進んでしまった感じでしょう。

・守備
イージーなトンネルや悪送球はありましたが、野手の動き自体は軽快でした。

posted by ティト at 19:10| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441513099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック