2016年08月16日

盛大附属 甲子園3回戦

8月16日

夏の甲子園3回戦
鳴門 11−9 盛大附属


またもや激しい点の取り合いとなりましたが、あと一歩及ばず。
9回の怒涛の反撃は素晴らしかったです。

敗れた主因は、守備の乱れでしょう。
1回戦、2回戦ともに、県大会では考えられないようなミスが続いて大量点を献上していましたが、この試合も守備のミスから相手にビッグイニングを作られてしまった印象です。
特に、速い打球に対する出足の鋭さは他チームに見劣りしていました。
甲子園では、見本となる選手が大勢いたはずです。
そういう選手の動きを参考にし、技術を盗むことが新チームに必ずつながります。

投手陣は、余計な四死球を出してしまったことで、ピンチの連続を作ってしまいました。
あとは、あとアウト1つのところで粘りきれませんでしたね。
ただし、持てる球種を惜しみなく使っていましたし、余力を残さない力投は見せていたように思います。
県大会では、盛大附属投手陣を打ち崩すようなチームはなかなか見当たりませんでしたが、甲子園となると、簡単に打ち取れる打者の方がなかなか見当たりません。
甲子園レベルでは、もっと球威とコントロールを磨く必要があることを再確認しました。

打線は、3試合ともに本当に見事でした。
盛大附属打線は全国に通用すると言い続けてきた管理人ですが、それが証明されたようで嬉しいです。
負けたことは本当に悔しいですが・・・。
強く振ること。
強く振るためには高強度のウエートトレーニングで体をいじめ抜くこと。
盛大附属の現チームは、昨年の新チーム発足からこれらを最重視して練習に取り組んできたと聞いています。
従来の岩手のチームは、甲子園では他チームのスイングの力感に見劣りしてしまうことがほとんどでしたが、今年の盛大附属の迫力は、全国一と言ってもいいレベルだったと管理人は思っています。
細かい技術は、実戦の中で養われますし、短期間で向上可能ですが、フィジカルトレーニングを怠ってしまうと、取り返しのつかない差となって表れます。
盛大附属は、甲子園でここまで活躍するための準備をしっかりと整えてきたということでしょう。

全国制覇の夢は叶いませんでしたが、全国制覇への方向性が見えてきた今年の盛大附属の活躍でした。
盛大附属の選手の皆さん、胸を張って岩手に帰ってきてくださいね。
国体での活躍も期待していますよ。

posted by ティト at 19:14| 岩手 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
盛附の打力には脱帽しました。もう、思いっきり引っ張って下さい。彼らは好きに打たせた方がいい。鳴門も引っ張ってたし。純粋に野球を楽しむならこのチームは最高です。
二度の頭部への死球は、ちょっと…でしたね。あれで、主審の判定が少し厳しくなったような、ひねくれてる?
敗因は、関口監督の談話の通り、二度の継投の遅れと序盤に加点できなかったことでしょう。
もっと、三年生エースを信頼しても良さそうな…。
9得点は立派ですが、欲を言えば、無得点の6イニングを埋めて欲しかった。先に10点取った方が勝つかな?と何となく思いながら見てたもので…。
逆転されるまで追加点が無かったこと、追いついてから創志戦の様にすぐ逆転できなかったこと、突き放されて最終回まで反撃できなかったこと…。
更に、敢えて加えるなら、五番打者の捕手の伊藤君が二度の併殺や三振など不調で、追加点機を三度逃したこと。決して伊藤君を責めるつもりはありません。連日の長時間の打撃戦で恐らく継投する投手陣よりも出っぱなしの捕手は疲労困憊だったと思います。予期せぬ臨時代走もあったし。試合前の練習などでその兆候を見て打順変更などが有れば…と大人達に注文。
「打撃戦続きの場合、不動の主軸でない限り、捕手の打順を下げるか考慮する」という教訓を提示したいと思います。

正直言って、徳島勢とは何となく相性が悪いように感じます。久慈商の逆転負けといい、カット打法禁止のきっかけの試合といい…。
今夏もありがとうございました。
Posted by はる陸奥 at 2016年08月16日 23:22
管理人さんこんにちは
いろいろと気になる点や正直ちょっと愚痴を言いたい部分ありますがそこは目を瞑っておきます。

今年の盛附は最高でした、本当に。
まずここまで甲子園で盛附、というより岩手県のチームが打てるのは初めてです。打撃に関しては間違いなく全国トップクラス、菅原くんから小原くんの2-5番はどこに行っても上位打線に入れるでしょう。
また地元出身の選手である菅原君、野坂君、小原君らが活躍していたのも良かったです。
もちろん野球留学を否定するつもりはありませんし応援もしています。植田君と塩谷君の3,4番はほんと好きでしたから。
またベンチなどの雰囲気もかなり良いものに感じました。遥々県外から来た選手と地元の中学から上がって来た選手が一丸となって声をかけている姿を見ていてなんというかグッと来るものがありました。
失礼ですが盛岡大附属には正直期待していなかったです。しかしその分盛岡大附属には楽しませてもらいました!本当にありがとう!
盛岡大附属は国体で優勝です!

あと小原くんですが全治一週間だそうです。野球を続けるのに影響はないようで安心しました。
国体では今日ほとんど出れなかった分大暴れしてほしいですね。
Posted by お米 at 2016年08月17日 01:39
あなたが何者かは知りませんが、非常に不愉快な記事ですね。素人目でああだこうだ言うのは、いかがなものか。全国大会のpressureははかりしれません。あなたに分かりますか?二度とやめてもらいたい。
Posted by めなる at 2016年08月17日 06:18
管理人様こんにちは。
いつも詳細なレポートありがとうございます。

非常に惜しい試合でしたが、管理人様仰る通り守備の乱れと投手のコントロールが尾を引いてしまった感がありましたね。

投手については、原点能力(外角低めのコントロール)と変化球の精度、守備については基本動作は出来上がっているのでしょうが、全国レベルのスピード感への対応がイマイチでしたね。

要所での四球やしっかりアウトを取れなかったことが、1回戦からを通しての大量失点、3回戦での敗因につながってしまったと思いました。

関口監督も前2試合と比べて試合の入りがやや慎重になり過ぎていた感じがあり、それがチャンスでのもう一押しや、継投の遅れにつながっていたようにも思います。

打線は、今大会のチームの中では一番振れていたのではないでしょうか。大きいあたりも多数出ていましたが、上位から下位まで思い切り振り切れる打線であったことも相手バッテリーの脅威になり、神経や体力をそいでいき、大量得点につながったのではないかと思います。本当に素晴らしい打線でした。

打撃については素晴らしい指導力を発揮なさっていると思うので、守備と投手力の育成をどうして行くかが、今後盛岡大付がもう一段上に上がっていく事のキーになっていきそうですね。

非常に研究熱心な監督と思われますので、さらなる飛躍を期待したいと思います。個人的には、守備は常総学院、投手は花咲さんが参考になるのではと思っています。

毎度、長文すみません。

つぎは、秋の国体ですね。こちらにいると神宮大会等も拝見できたりしますので、また情報提供できることがあれば、書き込ませていただければと思います。
Posted by 埼玉圏民 at 2016年08月17日 12:34
いや 火に油を注ぐつもりはないけど
めなる、さんが 何が不愉快なのか私にはわかりません。
野球留学の事に触れた記事が気に入らないなら
それって当たり前のぶぶんがあると思いますよ

今オリンピックやってるけど日本人やから
日本人がメダルを取るように願うのが普通でしょ
だから岩手県代表として出る高校に岩手県人が何人いるか気になるのは当たり前やと思うし

それでも岩手が好きだから(母が岩手で住んでるのは兵庫)
岩手の高校が出る度に甲子園に応援もいくし
少しでも岩手県人が多い高校に出てほしいと
ねがうのも普通でしょ
だって、考えてみて、
今迄、野球留学を繰り返しても勝てなかったモリフ。
そのモリフに勝てなかった他の高校も原因やと思うけど、
岩手の高校野球はバカにされてたと思う。
でもそれを覆してくれたのがあの高校やと思うし。

今年期待してなかったって、書いてるけど、書いた人も
本当に期待してなかったら、試合事態見てないとおもうよ。

それでも岩手の野球頑張れって思って応援してたんじゃ無いかな
私は岩手で県大会を見てた訳じゃないけど
いざ甲子園で蓋を開けてみたら
モリフ史上素晴らしいチームだとおもいました
本当に楽しめたし。岩手の子の活躍も
県外の子の活躍も素晴らしかった
それをまとめて今年のモリフは素晴らしかったとおもいました。
本当に選手のみんなありがとう
(ってかマジで岩手の子の活躍も凄かったですよね。
本気で嬉しかった)

(ひとつ余談やけど、
今年の熊本県民は高校野球を(深く)楽しめてるのかな❔
全国、全国高等学校野球選手権やからさ)

いや本当に素晴らしかったよ盛岡大付
岩手の野球なめんなって!知らしめたと思う
これで今年の、岩手の甲子園成績は3勝2敗上出来でしょ

岩手の球児の皆 来年の選抜期待してるでー
Posted by 和泉 at 2016年08月17日 17:21
爆サイといい、このサイトと言い、個人名をあげてのコメントはやめたほうええ。
Posted by 岩手野球ファン at 2016年08月17日 19:27
ここ、10年で春夏合わせれば18勝だもんな。
もう、一昔前の弱小県じゃないよ!
Posted by セガール at 2016年08月18日 10:13
スミマセン。
個人名をあげたのは本当に責めるつもりは無かったので…。
ただ、大人達への注文を書く為にはどうしても避けられず。
本当に捕手は頭も身体も重労働ですし、彼が初回から一塁へヘッドスライディングしたのも見てます。
一塁へのヘッドスライディングには反対ですが、気合や執念は伝わってますよ。

ヘッドスライディングと言えば、今日の試合でいくつか本塁でタッチアウトのシーンが有りましたが、あれは足から滑るのではなく捕手の動きを見ながらタッチを避けるように回り込んでヘッドスライディングだろう!と言いたい。
それと、無意味に余裕のホームインでスライディングするのは何でだろう?
Posted by はる陸奥 at 2016年08月18日 20:59
はる陸奥君は野球したことないのかね?
机上の空論で口先だけだよね。いつも。
Posted by あ at 2016年08月19日 02:53
こちらにまとめて書きます。
自滅か攻略か?の議論は、元々、作新の投手を強く意識していたことによる影響が多少なりとも有ったのではないかと高田投手の心理を勝手に想像してみたことによるもの。
同じ内容の繰り返しなので特に書く事も無いが、考えを改めるから、どういうのを自滅と呼べばいいのか教えて欲しい。

これでも、野球をしたことあるんだよね。
机上の空論と言われても、逆方向の打撃に関しては、野球解説者が言ってることを強調してるだけだし、ホームへのスライディングに関しては、『ドカベン』の岩手代表弁慶高校が明訓戦で決勝点を挙げたシーンを知ってる県民球児なら誰でもそう思う(と思う)。
他人を机上の空論と卑下しても、自分は実践的な野球論や経験談の一つも書かないのでは、ただのヤジ。さすがに元球児らしいとは言える。私の時代もそうだった。
そのような方々が、盛附擁護を書けば書くほどアンチ盛附が増えることを逆に心配してしまいます。

で、一つ実践論を書きます。
逆方向の意識を徹底する為にクローズスタンスで構えるようにして打率アップしました(草野球)。
内角攻め対策ももちろんあります。
長くなるので、詳細はまた別の機会があれば。
Posted by はる陸奥 at 2016年08月19日 12:56
自滅自滅といい始めたのははる陸奥君なのに、他人に定義を求めるのかな?

ドカベン?!まさかここでマンガ…(笑)
マンガと草野球で論を為す辺りがさすが素人と言ったところ。
マンガでも読み直して勉強してきなさいな。
Posted by あ at 2016年08月19日 14:00
何やら盛り上がってるようで…

ひとつだけ。

そもそも今年の盛附ってそこまで引っ張り打ちじゃなくない?
菅原、伊藤、野坂は反対方向に素晴らしいヒットやタイムリーを放ち、
小原も強烈な弾丸ライナーのホームランの印象が強いけど、引っ張りでアウトになることはなく常にセンター中心の基本通りの打撃でヒットを量産。
決して無理に引っ張りだけに固執した打線だとは思わなかった。

また、植田、塩谷、比嘉はプルヒッターだけど結果が伴ってたから引っ張り自体が悪いわけではないかと。
メジャーだって極端な○○シフトがあるように、パワーヒッターは引っ張り方向の打球が多くなるのが謂わば当たり前で、
要は、打線として全体のバランスが取れているかどうか。
上記のように今年の盛附はそれが素晴らしかったから、全国一と言っても過言ではないほどの強力打線になれたわけで。

日本の野球では殊更流し打ちや逆方向への打球が称賛されるけど、引っ張りで力強く巻き込んで打つのも立派な打撃。
鳴門戦の塩谷がそんな感じで、外角低めの厳しいスライダーを左中間に持ってったりして、しっかり“型”が出来上がっていた。

もちろん逆方向への打撃にもデメリットはあるわけで、そこのところしっかり理解せずに推奨すると、非力なアヘ単ばかりになってしまうから要注意。
という感想。

いずれにせよ、あれだけ好投手を打ち崩し、フォームや左右も関係なく打ちまくった盛附の打撃の方向性は間違ってない。
継続して、総合力を上げていってほしい。
Posted by 通りすがり at 2016年08月19日 15:16
皆さんこんばんわ。
多くのご意見をいただき、大変勉強になります。
岩手の高校野球をよくしていきたいという熱意に感服です。
だた一つ言いたいのは、管理人も含め、全てが正しい意見というものはおそらくありません。
多くの意見の中から取捨選択し、進化につなげていくのが野球です。
そして、失敗も進化の材料になるものです。
せっかく出された意見を安易に否定することは、進化を否定することにもなってしまいます。
一方的な否定はなるべく控えていただき、さまざまな意見を出し合える場にしていただければ幸いです。

ここを見てくださる選手もいらっしゃるようです。
前述のように、情報の中から取捨選択するのは選手自身だと思っています。
見て、理解して、試してみる。
これが進化につながっていくのだろうという思いから、管理人は当ブログを運営しています。
多くの意見を遠慮なく書き込めるコメント欄を目指していますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。
Posted by ティト at 2016年08月19日 23:35
結局、批判(ヤジ)だけ? そう言わずに、定義を教えて下さいな。
NHKBSで、「ぼくらはマンガで強くなった」という番組があったのをご存知無い? 侮るなかれ。
草野球じゃいかんのかね? もう現役を離れて三十年も経つし、高校に入り直すわけにもいかんし、困ったのう。
通りすがりさんのように書いてもらうと、素直に読めます。
塩谷君(だけじゃないが)、よく見直すと指一本分短く握ってるんですね。感心しました。
いつもいつも、管理人さんにはご迷惑をおかけしてスミマセン。
Posted by はる陸奥 at 2016年08月20日 18:49
管理人さん、皆さん、こんにちは!

遅ればせながら、モリフ堂々の2勝をありがとう!

そして、作新学院の優勝、オメデトウ!!

色々言いたいことはありますが、『遅ればせ』なんで黙っときます。(笑)

それよりも、14年『群馬』、16年『栃木』、コレ確実に『白河の関』に近づいてますって!

だもんで、岩手国体、秋季大会の『奮戦』に期待です!!
Posted by 牧場の投手カトリ at 2016年08月22日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441094988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック