2016年08月16日

盛大附属 3回戦の相手

ベスト16に進出した盛大附属の3回戦の相手は、周知のとおり鳴門(徳島)と決まりました。

選抜優勝の智辯学園を破って勝ち上がっていますし、当たり前ではありますが、これまた難敵が相手ですね。
そしてまたまた寿命の縮まるような激しい試合展開になるかもしれません。
鳴門の映像を見ての印象は以下のとおりです。

チームのタイプ的には、2回戦で戦った創志学園に似ている感じです。
エースの河野竜生投手の安定感がまず目立ちますね。
河野投手は、重心を低く落として下半身でしっかりと体重移動しつつ鋭くコンパクトに腕を振る左スリークォーター。
最速140km台中盤の速球と鋭く曲がり落ちる変化球を四隅に散らす投球が持ち味のようです。
映像では、速球とスライダー、スプリットのように落ちるツーシームのみ確認できました。
多彩な変化球を操るというタイプではないようですが、全ての球種の質が非常に高いです。
速球は糸を引くように伸びてくる球質ですし、クロスファイアー気味にベースをかすめてくる感じですね。
スライダーは、鋭く大きく曲がり落ちてきます。
最もやっかいなのは、右打者の外角に逃げるように落ちるスプリット気味のツーシームでしょう。
内角のクロスファイアーを意識して踏み込みが甘くなってしまうと、ツーシームはおそらく打てないと思います。
内角の厳しいコースはファールでいいので、甘く入ったコースをいかに確実に仕留められるかが最大のポイントです。
左打者の場合は、外角に逃げるスライダーの見極めが最も重要になってくるでしょう。

鳴門の打線は、盛大附属の打線と比べれば破壊力でやや見劣りする感じですが、センバツ優勝投手の村上頌樹投手から、ミスは絡めましたが5点を取っています。
少ない好機をしっかりとモノにする印象ですね。
投手陣は、とにかく余計な四死球を与えないこと。
守備では、今度こそ無失策を目指していただきたいです。
毎試合毎試合大量点を奪うのは困難ですし、ロースコアでも勝てるチームに成長できるかが全国制覇への最大の課題だと管理人は思っています。

とは言いつつも、どんな内容でも勝てばオッケーです(笑)。
夏は結局のところ、負ければ後の祭り、勝って反省できるかどうかです。

posted by ティト at 00:53| 岩手 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さんこんにちは
鳴門高校の河野投手は左投手ですしタイプとしては決勝で相手にした学院の大竹投手に近そうですね
正直大竹投手も創志学園戦の左の二番手もうまく打てていなかったので打線が本領発揮できるか心配です
なので今日の先発はしっかり抑えてもらって三浦君にはのびのび投げれるようにして欲しいですね
まあ結局勝てるんだったら何点取られてもいいんですけね(笑)
頑張れ!盛附!
Posted by お米 at 2016年08月16日 08:28
動画見直して気づきましたが創志の二番手は右でしたね
すみません勘違いしてました
Posted by お米 at 2016年08月16日 11:19
今日も凄い人やわ
でも途中から入れそうです
今日も岩手の力を見せてやりましょう
Posted by 和泉 at 2016年08月16日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック