2016年07月10日

7月10日 社会人野球観戦記

7月10日

全日本クラブ選手権岩手予選決勝 江刺球場第3試合
オール江刺 5−0 水沢駒形野球倶楽部

高校野球観戦後に駆けつけ、4回からの観戦です。
序盤、中盤、終盤と理想的に点をもぎ取ったオール江刺が、強打の水沢駒形野球倶楽部を零封しての見事な優勝でした。
この結果により、第一代表がオール江刺、第二代表が水沢駒形野球倶楽部となり、東北大会を戦うことと決まりました。

<オール江刺>
・投手
河内山拓樹 先発完投
特長は先週記載のとおり。
今日は八割位の力で制球重視の投球。
ボールにはしっかりと抑えが効いていました。
ここぞの時にだけ力を込め、ストライク先行の勝てる投球を徹底しましたね。
速球の球速は、目測で最速140km前後。

・打線
ここぞで安打が出て効率良く点を奪った印象です。

・守備
強い打球を後ろに弾いてしまう場面はありましたが、概ね問題なし。


<水沢駒形野球倶楽部>
・投手
馬場敏次 1回〜6回
常時セットポジションから、スムーズに体重移動して鋭くコンパクトに腕を振る横手気味の右スリークォーター。
伸びのある速球と多彩な変化球をコーナーに散りばめます。
マウンド経験豊富な投手ですし、大崩れしそうにない安定感が光ります。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

松本利隆 7回〜9回
ゆったりとした始動から、スムーズに体重移動してしなやかに腕を振り下ろす左上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で打者のタイミングを外します。
この投手もマウンド経験豊富で、けん制などの技術も非常に巧みです。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
際どいコースを見極めたりファールで粘ったりのしたたかさは見えましたが、打ち崩すまでには至りませんでした。
各打者のスイングの力感自体は、県内屈指のレベルでしょう。

・守備
細かい捕球ミスがあり、余計な失点もありました。
野手の動き自体は軽快で素晴らしいです。

posted by ティト at 17:58| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439902290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック