2016年07月10日

7月10日 高校野球観戦記 その2

7月10日

夏の高校野球県大会1回戦 森山球場第2試合
盛岡農 10−0 北上翔南 (5回コールド)

序盤から点を次々に加えていった盛岡農が、相手に付け入る隙を与えずに勝負を決めました。

<盛岡農>
・投手
滝沢拓真 1回〜3回
ゆったりと振りかぶり、上体をトルネード気味に捻ってから力強く腕を振る右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球を制球良く投げ込みます。
機敏性がやや不足していますが、地肩が強くて投球バランスも良く、ポテンシャルの高さは一見してわかりました。

阿部翔汰 4回〜5回
常時セットポジションから、担ぐように振りかぶって鋭く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と鋭く曲がり落ちる変化球で三振を取っていました。
本職が野手のようですが、重心をしっかりと落として下半身を使って投げていたのは好印象です。

・打線
四球や相手守備のミスに乗じ、機動力を絡めてしたたかに点を加えていきました。
少ない安打で大量点を奪う理想的な展開だったように思います。

・守備
問題なし。


<北上翔南>
・投手
近江亮輔 1回〜5回途中
ゆったりとした始動から、素早く振りかぶってコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、伸びのある速球と落差のある変化球との緩急で打たせて取る投球が持ち味です。
下半身の体重移動は不足気味ですが、地肩の強さは見て取れました。

・打線
走者をなかなか出せないままにイニングが進んでしまった感じです。

・守備
全体的に送球の鋭さが欠けていたように思います。
先の塁を次々に奪われてしまう感じで、防戦一方の展開になってしまいました。



posted by ティト at 17:37| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック