2016年07月10日

7月10日 高校野球観戦記 その1

7月10日

夏の高校野球県大会1回戦 森山球場第1試合
盛岡工 4−0 花巻農

先制、中押し、ダメ押しといった感じでじわじわと得点を積み重ねた盛岡工が、エースの力投で完封勝利をつかみました。

<盛岡工>
・投手
安保成 先発完投
常時セットポジションの機敏な体動から、勢い良く腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球で三振を取れる本格派タイプです。
躍動感があって体動の勢いをボールに伝えられるのが長所ですね。
奪三振数は、10は優に超えていたと思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

・打線
積極的に盗塁を仕掛け、先の塁へ走者を進めて1点ずつもぎ取りにいきました。
ここぞでもうひと押し連打できなかったのが次戦への課題でしょう。

・守備
イージーなトンネルが1つあった以外は問題なし。


<花巻農>
・投手
佐々木隆也 先発完投
ゆったりとした始動から、上体の回転とともにコンパクトに腕を振る右スリークォーター。
球威で押すタイプではありませんが、抑えの効いた速球とキレの良い変化球で打たせて取る投球を見せました。

・打線
好機はつかむものの、要所で三振を取られ、ホームが遠かった印象です。
三振を恐れるあまり、難しいボールにも安易に手を出してしまう悪循環で、連打を封じられてしまいました。

・守備
問題なし。

鈴木稀葵 遊撃手
打球への体の寄せ方が巧みで、捕球した時には送球姿勢が整っています。
踏ん張って投げられる体幹の強さも備えていますね。
安打性の打球への反応も良く、勘の良さが光る2年生です。



posted by ティト at 17:26| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここに書き込みます。
花農に続いて花東と、花巻キラーでしょうか、盛工ナインお見事でした。
グレーと紫のユニフォーム対決でしたが、元祖の意地を見ました。
試合の分かれ目は、打撃の差でしょう。
ここぞという時に、引っ張って引っ掛けて併殺で二度のチャンスを潰した花東に対し、センター返しに徹した盛工。
花東は、例年とは一味違う強力打線との前評判だっただけに、あれっ?って感じでしたが、打てなかった原因を真剣に分析して欲しいと思います。
打線は水物と言いますが、「相手投手が上でした」で済まされる問題ではないと考えます。
花東と対戦するチームは、高校生活最後の試合として挑んでくるわけですから、常に相手投手は人生最高のピッチングをしてくると考えるべき。
その相手に対して、全国制覇までの長い道のりを地方大会の初戦から気合百%で臨むのは、精神的にも体力的にも難しいのは理解できます。
公立びいきの判定もチラッと見受けられる場面も有りました。
だからこそ、相手投手の術中にはまらない戦術(特に打撃)が必要だと考えます。
ちなみに、私の打撃に対する考えは、以前から何度も書き込んでいる通りですので…。
勝つ為の打撃に徹するか、選手の将来も見据えた打撃を指導するのかは難しいところですが、公立ならまだしも、野球をする為に、甲子園出場し全国制覇を目標に掲げている高校に集まった選手達である以上、自分を犠牲にしてでも勝ちにこだわって欲しい。
どうしてもフルスイングで引っ張りたければ、“逆転の…”などと言わずに序盤で5点以上差をつけなさい、と言いたい。
追い詰められてから、セーフティバントを試みたり一塁へのヘッドスライディングをする光景をよく見かけますが、だったら最初から出塁確率の高い方法を選べと言いたい。
試合に出た選手達はまだいいが、ベンチに入れなかった数十人に対して申し訳が無かろう。
ベンチに入れなかった選手にも言いたい。
かつて、雄星世代に三軍からスタートしてレギュラーを勝ち取り、甲子園四強の立役者の一人になった選手がいましたが、どうしたら自分が上に上がれるのかを常に考えて練習に励むべし。
いつも、辛口でスミマセン。
Posted by はる陸奥 at 2016年07月13日 13:00
こんばんわ、はる陸奥さん。
ご意見大変参考になります。
管理人的には、投手の差も目立ったように思います。
盛岡工の安保投手のように、躍動感をボールに乗せて投げる投手というのは、本当に打ちづらいものです。
今大会で三振を量産した千厩の千葉投手の躍動感も素晴らしいです。
花巻東では、伝統的にゆったりとしたフォームの投手しか見当たらないのですが、何か理由でもあるのでしょうか。
手痛い敗戦の中にも、今後の躍進のためのヒントが隠されていると思います。
Posted by ティト at 2016年07月22日 23:00
こんにちは。
安保投手は、名前からして打ちにくそうだなということはよく分かります。
だからこそですよ。
その打ちづらい投手をいかにして攻略するのかを問題にしてるのです。
打ちづらい投手相手に、花東の選手達が本来のスイングをした上で打ち取られたなら、悔いは無いでしょうけれど、そうなのでしょうか?
自分の経験から言っても、30年以上経っても時々夢に見ますから。
話は変わりますが、スマホやパソコンって、禁止とまでは言いませんが、ある程度制限しないと動体視力が確実に悪くなると思いますが、現状どうなっているのでしょう。
Posted by はる陸奥 at 2016年07月23日 10:05
こんばんわ、はる陸奥さん。
同じ高校生同士の戦いですから、優勝候補が初戦で敗れることもあるという、ある意味高校野球の神髄が垣間見えた試合だったように思います。
盛岡工も打撃はなかなか力を出せなかったように見えましたが、投手と守備の出来が素晴らしかったですね。
スマホを禁止しているチームもあると聞いたことはありますが、動体視力悪化との因果関係は不明です。
Posted by ティト at 2016年08月02日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック