2016年07月03日

7月3日 社会人野球観戦記 その2

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選2回戦 江刺球場第3試合
オール江刺 7−3 北上REDS

先制、中押し、ダメ押しという感じで得点を積み重ねたオール江刺が、終盤の北上REDSの反撃を凌いで逃げ切りました。

<オール江刺>
・投手
及川幸徳 1回〜7回
常時セットポジションから、軸足でタメを作りつつ力強く腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と多彩な変化球をテンポ良く投げ込みます。
ストライク先行なので非常に小気味よいですね。
チェンジアップ系の変化球の有効度が高く、要所で三振を取れていました。
勝てる投手に成長しているように思います。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

及川英徳 8回
常時セットポジションから、機敏に踏み出して勢い良く腕を振る左スリークォーター。
伸びのある速球と落差のある変化球とのコンビネーションが持ち味ですね。
高卒ルーキーですし、今後のさらなる進化に期待します。

河内山拓樹 8回途中〜9回
全身をバランス良く使う体動から、担ぐように振りかぶって爆発的に腕を振る右上手。
威力十分の速球と大きく鋭く曲がり落ちる変化球で打者を威圧します。
都市対抗で見た時よりも球威が増しているように見えますし、県内屈指の本格派右腕でしょう。
変化球は曲がりが大きく切れ味が良すぎて捕手が捕るのも一苦労という感じでした。
大きな変化球のみだと打者は速球に絞ってきますので、打者に振ってもらうチェンジアップ系の変化球を習得できれば、三振量産の投球を展開できると思います。
速球の球速は、目測で最速140km台中盤〜後半。

・打線
俊足巧打の選手とパワーヒッターがバランス良く揃い、総合力の高い強力打線です。

村岡康仁 右投右打
長打力抜群の県内屈指の強打者です。
速球にヤマを張って振り回すのではなく、変化球も引き付けて鋭く捕らえられるところに、この選手の素晴らしさが凝縮されているように思います。

及川龍希 右投右打
高卒ルーキーですが、スイングの力感は10代の選手とは思えない迫力ですね。
将来有望な強打者です。

・守備
細かいミスで失点してしまいましたが、機敏な中継プレーで先の塁を許さないなど、要所での好プレーで大量失点は防ぎました。

大久保智幸 遊撃手
打球への反応が速く、送球につながる捕球姿勢も良いです。
捕ってから素早く投げる意識も見て取れました。


<北上REDS>
・投手
高橋郡 先発完投
常時セットポジションから、重心をしっかりと落として体重移動しながらコンパクトに腕を振る右上手。
抑えの効いた重そうな速球と大小の曲がりを操る変化球で三振を取れる本格派タイプです。
緩急を意識できていますし、制球も良く、非常に完成度の高い投手だと思います。
水沢工時代以来久しぶりに見ましたが、しっかりと進化していて嬉しくなりました。
速球の球速は、目測で最速130km台後半。

・打線
中盤までなかなか連打が出ない展開。
終盤の好機も走塁ミスでモノにできず、いまひとつ歯車が噛み合いませんでした。

・守備
イージーな捕球ミスから余計な大量失点につながりました。
投手の好投をもっともり立てたかったところでしょう。

posted by ティト at 18:55| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック