2016年07月03日

7月3日 社会人野球観戦記 その1

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選2回戦 江刺球場第2試合
盛友クラブ 11−3 宮古倶楽部 (7回コールド)

3回からの観戦です。
序盤の速攻で大量点を奪った盛友クラブが、そのままペースを渡さずに勝負を決めました。

<盛友クラブ>
・投手
武田侑ニ 〜5回
機敏な体動から、スムーズに体重移動しながらしなやかに腕を振る左上手。
伸びのある速球とブレーキの効いた変化球を制球良く投げ込みます。
マウンド経験が豊富ですし、大崩れしない安定感が光りますね。

酒井翔夢 6回〜7回
ゆったりとした始動から、軸足でタメを十分に作りつつスムーズに腕を振り下ろす右上手。
伸びのある速球と落差のある変化球で打者に的を絞らせない投球が持ち味のようです。
マウンドさばきが落ち着いていますし、完成度の高い投球を見せていました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半〜中盤。

・打線
機動力を使ってどんどん先の塁を狙っていました。
安打を得点にうまく結び付けられましたね。

高橋佳偉 右投右打
レフトフェンス直撃の弾丸ライナーは素晴らしい当たりでした。

・守備
問題なし。


<宮古倶楽部>
・投手
奥勝利 〜5回途中
ゆったりとした始動から、スナップを効かせて投げる右上手。
全力を使うのではなく、制球重視のスナップスローという感じでした。
球威はそれほどありませんでしたが、テンポ良く打たせて取る投球を見せました。

佐々木太一 5回途中〜7回
機敏な体動から、爆発的に腕を振る右上手。
威力のある速球主体にグイグイ押す本格派タイプです。
見るからに筋力が強そうですね。
もっと胸の張りを意識できれば、肩と肘の支点を生かせるようになってボールにウエートが乗ってくると思います。
速球の球速は、目測で最速130km台中盤〜後半。

・打線
頻繁に安打が出ていましたし、打線の底力は感じました。
良い当たりも多かったように思います。

・守備
全体的に送球が緩いのが気になりました。
余計に先の塁を許してしまった印象です。

posted by ティト at 18:34| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック