2016年07月02日

7月2日 社会人野球観戦記 その2

7月2日

全日本クラブ選手権岩手予選1回戦 江刺球場第2試合
盛岡桜窓クラブ 2−1 高田クラブ

中盤から打線が力を発揮した盛岡桜窓クラブが、逆転してじわじわと引き離す展開となりました。

<盛岡桜窓クラブ>
・投手
大沼勇馬 先発完投
ゆったりとした始動から、機敏に振りかぶって鋭くコンパクトに腕を振る右上手。
伸びのある速球と緩急二種類の変化球を力強く投げ込みます。
下半身の体重移動がやや不足気味ですが、スナップがかなり強そうで、なかなか力のあるボールが決まっていました。
速球の球速は、目測で最速130km台前半。

・打線
前半は安打がなかなか続きませんでしたが、中盤から鋭い当たりが出るようになり、得点が積み重なりました。

・守備
問題なし。


<高田クラブ>
・投手
森拓也 1回〜7回
機敏な体動から、コンパクトに腕を振る右上手。
球威で押すタイプではないようですが、伸びのある速球と落差のある変化球をテンポ良く投げ込みます。
下半身の体重移動は不十分ですが、動作の機敏さが光りますね。

村上浩規 8回
常時セットポジションから、コンパクトに振りかぶって素早く腕を振る右上手。
下半身の体重移動が不足し、上体投げになってしまっているのが気になりましたが、テンポ良く1イニングを打ち取りました。

・打線
幸先良く先制した後、なかなか安打が続きませんでした。

・守備
全体的には軽快でしたが、イージーな捕球ミスからの失点がもったいなかったですね。

posted by ティト at 17:41| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック