2016年05月14日

5月16日 社会人野球観戦記 その1

5月16日

都市対抗野球岩手予選 花巻球場第2試合
一戸桜陵クラブ 9−2 矢巾硬式クラブ (8回コールド)

5回からの観戦です。
小刻みに得点を積み重ねた一戸桜陵クラブが、矢巾硬式クラブをじりじりと引き離す展開でした。


<一戸桜陵クラブ>
・投手
深田峻之 〜8回
常時セットポジションから、柔軟性のある体動で腕をしなやかに振る左上手。
球威で押すタイプではありませんが、腕が遅れて出てくるフォームが特長で、タイミングの合わせづらい投手だと思います。

・打線
相手守備の乱れに乗じて安打を積み重ねる効率の良い攻撃を見せました。

・守備
普段高校野球を見慣れているからかもしれませんが、やっぱり選手の動きが緩慢に見えました。
送球の鋭さも物足りなく思いました。


<矢巾硬式クラブ>
・投手
広田淳 〜5回途中
やや担ぐように振りかぶり、体の回転を生かして投げる右スリークォーター。
速球主体の投球でした。

大道純人 5回
1球で交代したため、詳細観察できず。
オーソドックスな右上手です。

山本亮太 5回途中〜8回途中
機敏に体を回転させて鋭く腕を振る右スリークォーター。
伸びのある速球と鋭く横滑りする変化球を投げ込みます。

・打線
走者は出しましたが、一気に畳み込むことができなかった感じです。

・守備
イージーな捕球ミスや悪送球で無駄な点を与えてしまいました。
野手の動き全般が緩慢だったように思います。

posted by ティト at 22:53| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック